はとバス、上期の外国人客目標は5万4千人

  • 2017年12月29日

 はとバスは、今年上期(1~6月)の外国人利用者の目標を5万4千人と設定した。前年比3割増で、日本人に人気がある観光地を希望する外国人をターゲットにした新コースを三つ造成。

 具体的には、例年約30万人が訪れる神奈川県三浦市の「河津桜」やゴールデンウイーク期間は日本人にも人気が高い「富士芝桜まつり」(山梨県富士河口湖町)を鑑賞するコースに加え、富士山2合目スノータウン「イエティ」(静岡県裾野市)で雪遊びをするコース。

 このほか、季節コースを含め「英語、中国語コース合わせて1200人の利用を目指す」(広報室)という。
 例えば、「横浜三溪園と河津桜トレイン(英語、中国語)」は2月5~28日の設定で、旅行代金は大人9500円、子ども9千円となっている。

関連する記事

京都・伏見稲荷に忍者アクティビティ「忍者ラン」が登場した。 忍者に変身して、京都・伏見稲荷地域で任務を遂行するというリアルRPG型の忍者体験。任務は100以上で、難易度ご…

続きを読む

日本食に興味、温泉は泉質・効能で選ぶ 観光経済新聞社と調査会社のDIマーケティングはこのほど、インドネシア、ベトナム、タイの一般消費者を対象に、旅行と温泉に関する調査を行…

続きを読む

ANAセールスは11日、訪日旅行専用ダイナミックパッケージの販売を開始した。 ANAセールス株式会社(代表取締役社長:宮川純一郎本社:東京都中央区)は、日本各地へのA…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会