【観光業界人インタビュー】日本温泉協会 専務理事 関 豊 氏 

  • 2018年3月23日

◎…日本大を卒業して入社した朝日旅行では「傍流」(笑い)という営業畑を歩き、「若いころに担当した巡礼と登山・ハイキングのツアーが思い出に残っている」と振り返る。隆盛を極めた団体(宴会)旅行を経験し、2011年からは日本秘湯を守る会の事務局長を兼任、会の40周年記念事業に携わった。17年2月、「朝日旅行一筋」という生活にピリオドを打った。

◎…しばしの休職後、日本秘湯を守る会名誉会長で日本温泉協会常務副会長でもある佐藤好億氏から誘いを受け、同年5月に温泉協会に就職。理事を経て、12月の理事会で専務理事に就いた。「会員減で運営は厳しい状況にあるが、温泉に対する(世間の)関心がなくなることはない。温泉に関係する事業体や愛好家が入りやすい仕組みを作り、すそ野を広げていきたい」と語る。創立90周年(19年)への準備、温泉名人検定制度(仮称)創設や天然温泉表示看板の見直し、温泉必携の改訂作業のほか、事務局体制の再構築などやることがたくさんある。どうかじを取るのか、腕の見せどころだ。

◎…趣味と実益を兼ね、秘湯をはじめ、全国各地の温泉に足を運んだ。「最近では山口県山口市の柚木慈生温泉がとても印象的だった。炭酸泉でとても濃く、入ってみる価値がある温泉」と目を輝かせる。「温泉に入って社寺を巡るのが何よりの楽しみ」で、沖縄の琉球八社巡りと硫黄島の温泉に行くのが当面の目標だ。SNSもはじめ、「いいね、をもらえるとうれしい」とにっこり。東京都出身、52歳。

【内井高弘】

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram