【本だな】接遇英語のプロが教える「出だし」だけ+ジェスチャーからはじめるおもてなし英語 アルク刊

  • 2018年4月15日

 おもてなしの第1歩は、Would you likeやYou canなど「出だしのフレーズ」を言い、ジェスチャーを加えるだけで、短くかつ丁寧に意図を伝えることができる。

 中野氏は、日本航空国際線乗務員などの経験を経て、英語研修を行うFirst Starの代表取締役を務める。近年は、「おもてなし英語」など英語と接遇マナーを組み合わせた研修やセミナーを多く担当。全国でワークショップなども行っている。

 本書は、接遇英語の講師がたどりついた、長いフレーズがないなど最も受講生の気を楽にするおもてなし英語を紹介。給士や店頭案内、食べ方の説明などサービス業従事者や初心者の英会話学習にも役立つ汎用性の高い英文を、事例を交えながら紹介する。

 価格は1400円(税別)。143ページ。CD1枚付き。問い合わせ先はアルクTEL03(3556)5501。


関連キーワード

関連する記事

訪日外国人旅行者数は最多となり、拡大するインバウンド宿泊需要の受け皿として「民泊」は注目されている。 石井氏は公益財団法人消費者教育支援センター研究員などを経て、日本橋…

続きを読む

一流旅館118軒を掲載 観光経済新聞社は20日、一流温泉旅館・ホテルのガイドブック「5つ星の宿」の2018年度版=写真=を発行した。旅行会社の支持を得た全国118軒の旅館…

続きを読む

サントリーワインインターナショナルは5月1日、国産ぶどう100%ワインの「ジャパンプレミアム」シリーズから、産地シリーズの「高山村産シャルドネ」と「信州産シャルドネ」の新…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?