【月別取扱額11月】阪急交通社、外国人旅行は2桁増

  • 2020年2月7日

 阪急交通社が14日発表した11月の旅行取扱額は、前年同月比3.1%減の299億2848万円だった。うち、国内は2.2%増の148億1287万円。北海道、東北、沖縄が好調で、特に北陸・甲信越はデスティネーションキャンペーンの販促効果で25%増と伸長した。

 海外は欧州をはじめ、台湾、中国が好調だったものの、韓国や香港の不振もあり、8.7%減の145億9197万円にとどまった。外国人は欧米豪市場が活況で、28.7%増の5億2365万円と2桁アップ。

3部門とも減少 阪急阪神BT

 阪急阪神ビジネストラベル(BT)の11月の取扱額は前年同月比14.3%減の34億9361万円。国内は前年並みで推移したが、企業出張が低調で、17.9%減の2億8486万円だった。

 海外は米国が7月以来の前年比増となったが、香港、シンガポールなどが低調で、14%減の31億9848万円。外国人も4.3%減の1028万円となった。

海外は2桁増 阪神TI

 阪神トラベル・インターナショナル(TI)の11月の取扱額は前年同月比17.2%増の3億3822万円。国内は25.7%減の561万円、海外は18.3%増の3億3261万円。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram