【北海道の逸品】五島軒のカレー缶詰(函館市) 

  • 2019年5月24日

ファンが多い伝統の味

 幕末にわが国最初の国際貿易港として開港され、早くから外国文化に接し、石造りの教会群や和洋折衷の住宅など異国情緒豊かな街並みが残る函館市。

 1879(明治12)年に西洋料理店を開き、カレーや洋食を提供してきた五島軒が、その伝統の味を多くの人に味わってもらおうと、1987年に缶入りのカレーを商品化。道産のジャガイモと玉ネギ、牛肉など厳選した材料を手間ひまかけてじっくり煮込み、芳醇でコクの深いレストランの味を缶詰にして提供している。古くからのファンが多く、贈答用や土産品としても人気だ。

 函館山麓にある本店には、レストランと宴会場のほか、船山馨氏の小説「蘆火野」の記念室が設けられており、全国からも食事や見学に訪れる観光客が多い。

 販売価格は、イギリス風、インド風、フランス風カレー400グラム缶が各1080円(税込み)、メモリアルリッチ鴨カレー400グラム缶が2700円(同)などで、4月から1人前入りの190グラム缶も新発売。レトルトパックの各種カレーも多数出している。

 同社の直営店をはじめ、道内外のデパート、土産品店などで販売しているほか、宅配便などでも対応する。問い合わせや注文は同社の電話0138(49)8866へ。

関連する記事

ダスキンは5月29日、「外来生物・害虫対策セミナー」を東京都内で開催した。同社によると、近年は物流網の発達や訪日外国人客の増加に伴い、蚊から媒介するデング熱の感染や、トコ…

続きを読む

サッポロビールは5月28日、第3のビールともいわれる機能系新ジャンルの「サッポロ北海道オフのごちそう」を北海道限定で新発売した。 麦100%と糖質50%オフを両立させ…

続きを読む

プールや温浴施設向けの循環ろ過装置などの開発、製造、販売などを手掛けるショウエイ(川崎市)は、電力や熱量を削減する省エネシステムも提案している。近年では、この省エネシステ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube