【人事】ザ・リッツ・カールトン沖縄の総料理長にマルチェッロ・メレウ氏

  • 2021年12月5日

 ザ・リッツ・カールトン沖縄は、11月1日付で総料理長にマルチェッロ・メレウ氏が就任したと発表した。

 ザ・リッツ・カールトン沖縄(所在地:沖縄県名護市喜瀬1343-1 総支配人:佐々木 孝司)は、これまで20年以上に亘り、ヨーロッパ諸国を始め、ドバイや日本の5つ星ホテルやレストランにて、料理人としての豊富な経験を積んできたマルチェッロ・メレウ(Marcello Mereu)が本年11月1日付で当ホテルの総料理長に就任したことをお知らせいたします。

イタリア半島の西方に位置し、地中海で2番目に大きいイタリア領の島、サルデーニャ島に生まれたマルチェロは、幼少の頃から母親を手伝うことで料理に興味を持ちました。

彼はホスピタリティ・スクールを卒業後、ロンドン、スイス、モナコ、フランスで料理人としての研鑽を積むと、さらなるキャリアを目指し、2003年に日本に移り住むことを決意しました。

東京での約8年間に、彼は都内屈指の老舗イタリアンレストラン「ビーチェ」にて、総料理長の右腕としてミシュラン 1 つ星を獲得した他、2006年からは「イル・ボッロ」や「アルトモンド」の総料理長として独自のスタイルを確立すると共にチームを牽引してまいりました。

マルチェッロは、その後、中東・ドバイの高級住宅区、ジュメイラ・ビーチ・レジデンスに位置する高級リゾートホテル、ザ・メイダン・ビーチのエグゼクティブ・シェフに就任し、一流の料理人としてドバイで更なる経験を積みました。

数年間に亘るドバイでの滞在後、彼は再び日本に戻ると、東京・六本木の「六本木ヒルズクラブ」に料理長として就任。ハイアットグループのプレオープニングメンバーとして、北海道、東京、沖縄等、数多くの開業支援を手掛けてまいりました。

地産地消の精神を大切に、自らその土地の生産者のもとに足を運ぶことによりその時々の旬の食材を厳選し、メニューに取り入れる彼の料理人としてのこだわりは、世界各地の食文化に精通しているマルチェッロのモットーでもあります。彼の料理人としての豊富な経験とクリエイティビティ―を踏襲した独創性に富んだメニューの数々をぜひご堪能ください。

「これまで15年以上暮らしてきた日本は私の第二の故郷でもあります。2019年からは沖縄のホテルでエグゼクティブ・スーシェフとして仕事をしてきましたが、沖縄独特の食材からはいつも多くのインスピレーションを得ています。私は時間ができると道の駅や地元の農家や生産者さんのもとを訪れるのですが、シークヮーサーや島バナナ、パイナップルなど、見た目だけでなく味も本州のものとは異なる沖縄の食材を見つけるとワクワクしてしまいます。地産地消にこだわった沖縄ならではのユニークなメニューをホテルを訪れるゲストの皆様にご提供すると共に、これからザ・リッツ・カールトン沖縄で一緒に仕事をしていくスタッフたちに私がこれまで世界各地で培ってきた経験を受け継いでいくことこそが私の今後の職務であると考えています。ゆるやかな島時間が流れる沖縄で、皆様にお会いできることを楽しみにしています」(ザ・リッツ・カールトン沖縄の総料理長 マルチェッロ・メレウのコメント)

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram