【データ】1,112人の会社経営者に聞いた「中途採用に関する調査」

  • 2020年5月31日

 レボは20日、1,112人の会社経営者に聞いた「中途採用に関する調査」の結果を発表した。

株式会社レボ(本社所在地:東京都港区、代表取締役:松永 慎也)は、従業員数300名以下の会社経営者を対象に、「中途採用」に関する調査を実施しました。

  • 経営者が中途社員に期待していることが判明!

はじめに、経営者は中途採用する際、何を重要視しているのかを伺ってみました。

「中途採用の際に最も重要視することは何ですか?」と質問をしたところ、『人柄(32.1%)』スキル31.6%)』経歴20.3%)』『資格12.1%)』『年齢(2.2%)』と続きました。
その人からにじみ出る人柄を重視し、それを踏まえてスキルをチェックしている経営者が多いようです。
さらには、これまでの経歴や資格についても重要視しているということが分かりました。

また、「中途社員に期待することは何ですか?(複数回答可)」という質問には、半数以上が『即戦力となって活躍してくれること52.4%)』と回答し、『スキルやノウハウ(47.5%)』『新しい着眼点32.0%)』『業界の知識(22.4%)』『必要な資格(11.4%)』と続きました。

中途採用では特に、即戦力になるためのスキルやノウハウが備わっている人材に期待していることが分かりました。
中途で採用された場合、過去の経験と実績が自信に繋がります。
これまでの経験から培った業界知識や必要な資格を持っていると、会社の成長に貢献してくれる”期待の新人”として歓迎してくれるでしょう。

しかし、職場が変われば仕事のやり方も方針も異なるもの。新しい職場で即戦力になるためには新しい職場での仕事に順応し、スキルやノウハウを発揮して新たな発見を繰り返しながら仕事に取り組む姿勢が大切になりそうです。

  • 経営者が思う「期待通りの中途社員」と「期待外れの中途社員の特徴

晴れて仲間として新たな人材を受け入れても、期待外れだったケースもあるでしょう。
実際に経営者たちが中途採用を行った際に、期待通りだった社員と、期待して損をした社員にはそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。

まず、「「採用して良かった!」と思った中途社員の特徴を教えてください(複数回答可)」と質問をしたところ、『即戦力として活躍してくれる(57.9%)』という回答が最も多く、続いてほぼ同率で知識や経験が豊富33.3%)』『コミュニケーション能力が高い30.9%)』『新たな視点や取り組みを提案してくれる(30.7%)』そして、『人脈が広い(13.5%)』と続きました。

前職での経験や知識を新しい職場でも活かしていくことで、どんどん信頼を得ることができるでしょう。
そこから、新たな視点を持って会社の課題解決に取り組んでいくと、大きなプロジェクトを任せられるなんてこともあるかもしれません。
面接で話していたように、期待通りの人材だったと感じてもらうことができるよう、効果的な自己PRをしていきたいものです。

一方で、「「期待外れだ…」と思った中途社員の特徴を教えてください(複数回答可)」という質問には、『コミュニケーション能力が乏しい(40.5%)』という回答が最も多く、前職のやり方にこだわる(35.6%)』『期待していたスキルやノウハウを持っていなかった35.3%)』『面接で話していたことに偽りがある(25.7%)』『社風とマッチしていない(22.0%)』と続きました。

「面接では緊張していただけだと思っていたら、実際にコミュニケーション能力が乏しかった…」なんてこともあるようです。
さらに、新しい職場のやり方に順応できないことや、期待していたスキルを持っていないといったことが判明した場合、採用した側も残念に思うでしょう。
嘘偽りのないありのままの自分を受け入れてもらうことが、採用側にとっても応募者にとっても良い方向に働くと言えるのかもしれません。

  • 【経営者の本音】残念だと思う人の特徴とは?

経験豊富な経営者たちは、今までに何人もの人材と触れ合っていますが、その中でも思わず「もったいない!」と感じる“残念な人”にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは、経営者たちの本音を調査しました。

「中途採用の際に「残念だなあ」と思う人の特徴は何ですか?(複数回答可)」という質問をしたところ、協調性がない44.3%)』『自信過剰である37.8%)』『経歴はいいのにコミュニケーション能力が乏しい36.4%)』『論理的思考が乏しい(23.9%)』『課題抽出能力が低い(15.8%)』『清潔感がない(12.5%)』と続きました。

確かな実力がある人材であっても、新たな職場に打ち解けるために必要不可欠とも言える「協調性」が欠けていれば、経営者たちに「残念な人」と思われて終わってしまうのかもしれません。
例えば、人の話を遮ったり、自分語りをしたりと知らず知らずに癖になっている人は要注意です。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram