【このひと】立川基久氏 JTB広報室長に就任

  • 2012年6月30日

立川基久氏 JTB広報室長に就任

◎…広報業務は3度目。以前の広報室で一緒に働いた上司とは、現在も付き合いが続いている。「話をしていると勉強になることが多い」。室長となった今、室長当時のその人たちほどの力量が自分にあるのかを自問しながらも、「自分も学びつつ、学んだことを今度は若い人たちに伝えていきたい」。

◎…1961年2月1日、東京都練馬区生まれ。立教大学在学時、カナダ・バンクーバーに語学留学。現地で旅行会社を経営する人と知り合い、旅行の仕事に興味を持った。84年に卒業し、JTBに入社。川口支店営業課長や伊・ローマ支店次長、JTB首都圏本社総務部広報担当部長などを歴任し、JTB新紀元(中国・北京)行政管理室長を経て4月1日から現職に。

◎…海外生活を経験し、日本と世界に関する考え方が大きく変わった。「面白味や自己主張に欠けるところなど、日本人気質を負と思う部分があった」というが、それらは真面目さや勤勉さの裏返し、などとその素晴らしさが次第に分かり、「日本人であることを誇りに思うようになった」。

◎…日本人を再認識したのと同時に、国それぞれに文化の違いがあり、それを世界の人々が認め合うことが大切だと悟る。「海外に行って学ぶことは多い。また、日本の『おもてなしの心』は海外のお客さまにも十分通用すると改めて感じている。旅行に行き来することでお国柄の違いをもっと知ってもらいたい。そして、さらに世界は小さくなり、1つになり、平和になる。壮大だが、いわゆる『旅の力』でJTBがそういったことに貢献できればいい」。

【聞き手・板津昌義】

立川基久氏 JTB広報室長に就任

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram