【いらっしゃいませ!】板室温泉 大黒屋(栃木県 ・那須塩原市)池田春子さん

  • 2021年2月9日

保養とアートの宿

第1060回よその旅館ホテル

 ――「保養とアートの宿」とうたっています。室井俊二社長の哲学ですね。

 「ヒト、モノ、カネ、情報の要素とアートを結び付ける経営スタイルです。保養の宿として芸術家の作品は欠かせず、『もの派』を代表するアーティスト、菅木志雄さん(77)の作品展示に加え、毎月、ロビーに支援する作家の作品展も行っています。敷地内には『菅木志雄倉庫美術館』もあります」

 「美術に興味があり、作品目当てのお客さまが多いのですが、作品に触れて興味を持つお客さまも少なくありません」

 ――「下野の薬湯」として有名ですね。

 「40度前後の源泉掛け流し温泉(アルカリ性単純泉)は体に負担をかけず、長く、ゆっくりと入れるのが特徴です」

 ――料理は。

 「健康になるための食事、『滋味』を追求しています。古くから親しまれてきた『胡豆昆(ごずこん=胡麻、豆、昆布)』に季節の食材を加えて、体の中から奇麗になる料理を提供しています」

 ――コロナの影響は出ていますか。

 「感染防止対策は十分にしていますが、栃木県が緊急事態宣言地域でもあることから、1月19日から2月7日まで休館します。お客さまのことを考えると仕方がありません」

 「ワーケーションが注目されていますが、当館はずいぶん前から取り組んでいます。環境も整っており、受け入れ態勢は万全です」

 ――心掛けていることは。

 「収容人員は70人ほどでお客さま一人一人の顔が見えます。何を求めているのかをいち早く察知しお応えできるようにしています」

 【客室31、1泊2食2万2250円(税込み)から】

 

 

板室温泉 大黒屋 – 保養とアートの宿

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram