【いらっしゃいませ!】寒の地獄旅館(大分県・九重町) 武石真澄さん

  • 2018年3月10日

山の宿で入る冷泉

第944回よその旅館ホテル

 ──創業は。

 「1928年に開業しました。寒の地獄の名前は、江戸末期(寛永2年)のある日、猟師が狩りの途中に傷を負った猿が水に浸かるのを発見し、水に浸かることで傷を癒やすことができると思った村人たちが湯船を築いたのが由来です」

 ──冷泉が特徴ですね。

 「効能は弱酸性の硫黄泉で皮膚に良いです。飲泉もでき、整腸作用があります。源泉は足元から湧いており、1年中13~14度を保っております。冷たい水に浸かった後は濡れたまま暖房室に入り乾かします。冷泉のほかにまきで熱交換した暖かい温泉も利用できます。暖かい温泉と冷たい温泉を交互に入浴でき、口コミなどでも高評価をいただいております」

 ──食事の売りは。

 「いろりの溶岩焼きとお酒が売りです。料理は『お酒に合う料理』をコンセプトに提供。食材は、豊後牛や九重夢ポークなど地元食材を楽しめ、お酒は全国から厳選5種、地酒10種を用意しております」

 ──このほかにセールスポイントは。

 「雪を見ながら温泉に浸かれるのは当館より上の旅館だけです。九州でも雪を楽しみながら入浴することができます」

 ──予約の方法は何が多いですか。

 「電話やホームページ、秘湯を守る会からの問い合わせがほとんどです」

  ──客層は。

 「平日は年配客、週末は子ども連れが訪れ、老若男女に楽しんでいただいております」

 ──今後どんな宿にしたいですか。

 「古いながらも新しいものも取り入れていきたいです」

【13室、収容人数50人。1泊2食付き1万3千円(税込み)から】

http://kannojigoku.jp

 

 

関連する記事

谷川岳と掛け流しの湯 第980回よその旅館ホテル ――源泉掛け流しの温泉が評判ですね。 「3本の自家源泉から直接引いた掛け流しの湯です。温度の異なる3本の源泉の湯量を調…

続きを読む

リゾート事業への取り組み 関東中心に合計10軒売上100億円を目指す 「ホテル森の風鶯宿」など関東、東北を中心に5軒の旅館・ホテルを展開する日本ハウスホールディングス(…

続きを読む

和の文化「部屋食」を維持 第979回よその旅館ホテル ――宿の売りを教えてください。 「和風旅館ですので、一つには和食会席です。食事の提供は、昔からの部屋出しを続けてい…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube