「第9回観光甲子園」決勝大会出場8校が決定

  • 2017年8月10日

私たちの地域の魅力、プランで発信

各校のテーマ、思いを紹介

地元自治体から応援メッセージも

 高校生が地域の観光魅力を独自の目線で観光プラン化し、その企画内容などを競う、全国高等学校観光選手権大会(愛称・観光甲子園、主催=全国高等学校観光選手権大会実行委員会、共催=神戸山手大学)。第9回大会の決勝大会が、8月24日、兵庫県神戸市の神戸ハーバーホールで開催される。これに先立ちこのほど、同大会実行委員会は、決勝大会に出場する8校を発表した。

 今回の大会の観光プランの募集テーマは「地域発の滞在型観光プログラム」または「地域を歩く5日間のウォークツアープラン」のいずれか。さらに「交通、物流、歴史、文化、産業などのストーリーが感じられるようにすること」「訪日外国人旅行者を意識すること」「自分の足で現場を訪れ、地域の方々の意見や思いを反映すること」「隣接する市区町村や、広がりのある地域を対象とすること」などと指定。これまでの募集テーマに比べ、よりその土地や周辺の地域をじっくり巡って楽しむためのプランとそのためのテーマ設定を求めた。
決勝大会進出の8校は、応募のあった42校83プランのうち、書類審査で高得点を得た高校だ。

 本紙面では、この8校のプランへの思いと決勝への意気込みを紹介。併せて高校生の取り組みに熱い視線を送る、地元自治体や協力自治体の首長からも各校への応援メッセージを寄せてもらった。

 

熱いプレゼン合戦 決勝大会で観戦を

 決勝大会では各校がプランの内容や狙いなどについてプレゼンテーションを行い、自分たちの観光プランをアピールする。毎年、各校とも衣装にこだわったり、寸劇や動画を取り入れたりするなど、工夫を凝らしたプレゼン合戦を繰り広げており、今年も熱戦への期待が高まる。

 高校生の豊かな感性による観光プランが出そろう決勝大会。会場に足を運び、大いに刺激を受けてみてはどうだろうか。

 なお大会事務局では、決勝の審査に加わる一般審査員を募集している。申し込みはメールで同大会事務局(kankokoshien@gmail.com)まで。

 

 


関連キーワード

関連する記事

国土交通省四国運輸局がまとめた2017年度上半期(4~9月)の四国4県の主要観光地60カ所の入込客数は、前年同期比0・9%減の770万人となった。香川県、高知県は増加した…

続きを読む

徳島県は4日、宿泊施設とレストランを併設したアンテナショップ「TurnTable(ターンテーブル)」を東京都渋谷区にオープンした。宿泊施設は個室とドミトリーで最大64人…

続きを読む

118段の階段に並べられる日本一の雛飾りが、 伊豆稲取温泉で2月22日~3月4日に披露される。 稲取温泉旅館協同組合(所在地:静岡県賀茂郡東伊豆町、代表理事:村木 康之)…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?