「入国者数制限の撤廃を」 運輸総研、水際対策見直し提言

  • 2022年6月17日

 交通運輸、観光に関する研究機関、運輸総合研究所(宿利正史会長)は6日、水際対策の見直しに関する提言を発表した。政府が1日に開始した入国制限の緩和策を歓迎しながらも、政府が目目指すG7(主要7カ国)並みの円滑な入国には程遠いとして、1日当たりの入国者数制限の早期撤廃を求めたほか、外国人の観光目的の入国に関する制限の完全撤廃を提言した。

 入国者数の制限は、現行では1日当たり2万人が上限となっているが、コロナ前は1日平均14万人で、日本人の帰国を含めた潜在的な入国需要に対応できていないと指摘。主要国で人数制限を課しているのは日本だけで、外国人の入国に厳しい制限がある中国にも、日本のような人数制限はないとして早期撤廃を求めた。

 外国人の観光目的の入国制限については、添乗員同行のパッケージツアーに限定して10日から受け入れが可能になるが、観光目的の入国を制限しているのは日本、中国など一部だけ。入国目的別に制限が課されているのは、ビジネスや留学に対して、観光目的の入国を「不要不急」と判断しているためと問題視し、目的別の制限の完全撤廃を提言した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram