【旅に出よう~温泉はにっぽんの宝~71】佐賀県のユニバーサルツーリズム 山崎まゆみ

  • 2017年4月20日

 3月に5日間ほど滞在して、佐賀県観光連盟の事業であるバリアフリーモニターツアーに参加しました。

 佐賀県観光連盟は2016年度にバリアフリー事業に関する予算を組み、昨年4月からは佐賀嬉野バリアフリーツアーセンターと協力し、依頼があった佐賀県内18軒の宿泊施設へのバリアフリー調査が行われ、どう改善したらよいかアドバイスをしました。それを基に申請のあった12軒に対して、シャワーチェアー購入、お風呂や階段の手すりの設置等にかかった経費の半額を最大50万円まで負担する補助金が出ました。その改善した宿泊施設を主に車椅子を使用しているモニター等が宿泊し、現場をチェックしてもらうという、モニター数230名という大がかりなツアーでした。2017年度も今回行われたモニターツアーでの検証を基に、さらに有効なバリアフリー化へのアドバイスにつなげていかれ、引き続き宿泊施設への補助事業も継続されます。

 行政における「バリアフリー」は、一般的には地元の高齢者に対応する地域福祉課が窓口になることが多いのですが、ユニバーサルツーリズムに関しては、福祉であると同時に観光もあります。その点、佐賀県は観光連盟の事業として捉えるところが、全国でも先進的な取り組みと言え、このような進め方がより広がってほしいと思います。

 さて、旅館におけるバリアフリー温泉ですが、既に取り組まれている方のお気持ちはそれぞれです。明確な指標が記されてないので、親の介護体験やお客さんからのリクエストに応えながら試行錯誤しているのが現状。ただ、バリアフリールームの稼働率はとても高く、「うちの旅館の稼ぎ柱だよ」とおっしゃるオーナーに何人も会いました。

 バリアフリールームを使うのは、3世代、4世代の家族旅行が多いと聞きます。日頃、施設に入っているお爺ちゃんお婆ちゃんと一緒に孫の入学祝いをするというお客さんが増えているそうです。

 佐賀県嬉野温泉では、2人の入浴介助がついて5千円というサービスを実施しています。問い合わせは2016年で倍増。「昨日も、娘2人、息子1人で体がご不自由なお父さんを連れてこられました。子供たちが大満足でした。最近は以前に増して、機能障害が重度のお客さんが増えました」と、入浴介助をするヘルパーさんが話していました。

 バリアフリー温泉について語る時は、皆さん、優しい表情をされます。もちろん商売をされているわけですから、善意だけで成り立つものではありません。けれど、ふっと、表情が変わるのです。目に優しさがこぼれる。

 こうした気持ちが根幹にある人の言葉を私は伝えていかなければと、この取材のたびに考えさせられます。

(温泉エッセイスト)

関連する記事

未来食堂(東京・神田)には「あつらえ」と「まかない」というユニークな仕掛けがある。 未来食堂の店内はロの字型のカウンターで、席数は12席。経営者兼調理人の小林せかいさん…

続きを読む

スイスのダボスで重要な国際会議を頻繁に主催している世界経済フォーラム(WEF)は、その一方でさまざまな経済レポートや国際競争力レポートを公表しており、世界的に高い評価を受…

続きを読む

国の正式な会議で高速ツアーバス問題を取り上げるというのは、既存高速バス事業者陣営からすれば、「無法者をお白洲に引き出してやった」という思いであったことだろう。 一方、彼…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?