VISA・マスターの決済手数料1.3% 全旅、クレジットカード決済サービスの受付を開始 

  • 2018年12月2日

対面型全旅ペイメントの端末

 全国旅行業協会(ANTA)の事務受託会社、全旅(中間幹夫社長)は、クレジットカード決済サービス「対面型全旅ペイメント」の受け付けを12月から開始する。VISAとマスターの国内発行カードが1.3%、海外発行カードが2.8%、また銀聯(ぎんれん)カードが1.9%と、決済手数料率が低いのが特徴だ。

 これまで全旅ペイメントは、客が来店しなくても支払いができるメール送信型、非対面型のみだった。旅行会社から対面型を求める声も数多く寄せられたため、要望に応えた。

 決済端末は、安心感を高めるセキュリティ機能を搭載。視認性が高く、見やすい液晶モニターを採用した。光や音、音声で操作手順をサポートするので使いやすい。

 初期費用は決済端末代の6万7千円(税抜き)のみ。振込手数料や月額利用料は無料。

 ANTA、日本旅行業協会(JATA)会員が対象で旅行業の登録があれば利用可能。メール送信型の利用者は原則利用できる。

 同社は2020年3月末までに10億円の取り扱いを目指す。


対面型全旅ペイメントの端末

関連する記事

新潟開港150周年記念商品「新潟ショコラ」いちご味が1日、発売された。 新潟開港150周年を記念して販売されている『新潟ショコラ』シリーズに、新潟県産いちご「越後姫」を使…

続きを読む

消臭スプレーやノロウイルス対策商品などを販売するシステム・シャイン・サービス(東京都豊島区)は、窓ガラスの結露を防止する業務用のスプレー「結露ブロッカー3S」を旅館・ホテ…

続きを読む

JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役社長:今井敏行)は、書籍型のガイドブック『台湾72時間』『ハワイ72…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube