The Okura Tokyo(オークラ東京)、19年9月に開業

  • 2018年7月12日

荻田敏宏社長(中央)

 ホテルオークラ(東京都港区、荻田敏宏社長)は6月25日、現在建て替え中で、東京五輪前年の19年9月上旬に開業を予定している「ホテルオークラ東京」新本館の施設概要を発表した。

 新しいホテルの名称は「The Okura Tokyo(オークラ東京)」。高層棟「オークラプレステージタワー」と中層棟「オークラヘリテージウイング」の2棟で構成する。客室は合計508室。

 オークラプレステージタワーは地上41階建てで、28~40階に368室を配置する。標準客室面積は約50平方メートル。間口を6.0~7.2メートルと広く設計した。客室以外のフロアには、宴会場、レストラン、一般企業のオフィスなどが入る。宴会場は、最大収容人数2500人の大宴会場「平安の間」(面積2千平方メートル、天井高7.5メートル)をはじめ、合計20室を設ける。

 オークラヘリテージウイングは、地上17階建てで、全140室。標準客室面積は約60平方メートル、間口は8メートル以上に設定した。客室は、リビング空間に大きな窓面をとったワイドリビングタイプと、浴室で外を見ながらゆったりくつろげるビューバスタイプの2タイプを用意。建物北側に広大な庭園があることを生かし、6~9階の建物北側の客室にはバルコニーを設置する。ロビーには和の趣を取り入れ、日本料理店、茶室も設ける。

 ホテルオークラの荻田敏宏社長は、開発コンセプトについて「新ホテルは『伝統を革新』をテーマに『清楚にして優雅』『華美過ぎない洗練された上質さ』を目指した」と説明。さらに「日本の美を継承するホテルとしての独立性を確保し、国内外の賓客の迎賓館ともなるホテルとして運営していく。和のこころをもって世界をもてなしたい」と意気込みを語った。


荻田敏宏社長(中央)

関連する記事

日本酒造組合中央会主催 第1回 本格焼酎・泡盛カクテルコンペティションで、ホテル日航大阪メインバー「夜間飛行」の白鳥 慶果氏が準優勝した。 2018年10月17日(水)、…

続きを読む

都ホテルニューアルカイックは、クリスマスケーキを12月22日から販売する。 都ホテルニューアルカイック(所在地:兵庫県尼崎市昭和通2丁目7番1号)では、1階「ケーキショッ…

続きを読む

ガーデンホテル紫雲閣は、「杜このみディナーショー」を12月6日に開催する。 東武東上線「東松山駅」より徒歩7分、森に囲まれた庭園と由緒ある神社に抱かれたガーデンホテル紫雲…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube