JR東、シンガポールにインバウンド拠点開業

  • 2016年12月9日

 JR東日本は12月4日、シンガポールの中心部にインバウンド拠点「JAPAN RAIL CAFE」を開業。ASEANでの訪日情報発信の拠点として訪日外国人旅行者の拡大を目指す。

 シンガポール国内一の高さを誇る「タンジョン・パガー・センター」1階にオープン。店舗面積は178・8平方メートルで、約60席を設置する。

 日本政府観光局(JNTO)や自治体、企業、団体と連携し日本各地の魅力を紹介するほか、JTBと連携して設置した旅行カウンターで旅行相談や鉄道パスなどの販売を行う。訪日旅行の思い出の写真の展示やおすすめ情報の伝言板の設置などを通して、現地の人々の情報交換も促進する。

 カフェでは日本を感じる季節感のある料理や飲料を提供。特集地域に関連した加工食品やエキナカで扱っている雑貨なども販売する。

関連する記事

訪日観光客専門バス会社の「ワールドキャビン」は11日 、ホームページを全面リニューアルした。 株式会社WORLD CABIN(所在地:東京都新宿区)は、ホームページを全面…

続きを読む

日本温泉協会は、10言語に対応した風呂でのエチケットを啓蒙するポスターを制作=写真は見本、販売を始めた。訪日外国人旅行者の多い宿などに購入を呼び掛けている。 温泉、入浴関連…

続きを読む

京都市は、Visa・Voyaginと連携した 外国人観光客の伏見・大原などへの訪問を促進する 体験型メニューの開発・販売促進を19日に開始する。 この度,京都市及び(公…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube