JATA関東、インバウンド市場回復を見据えてセミナー開催

  • 2022年9月30日

講演する帝京大の吉村教授

 日本旅行業協会(JATA)関東支部のインバウンド委員会は13日、東京都庁で若手実務者向けのインバウンドセミナーを開催した。3年ぶり、9回目。約80人が出席した。都観光部との共催。

 冒頭あいさつした石原栄二関東支部長は、水際対策の緩和や個人旅行の解禁が伝えられる中、「インバウンドに明るい兆しが見える」とし、「インバウンド(受け入れ)の準備をするタイミングだ」との認識を示した。

 都観光部は観光産業振興実行プラン「PRIME観光都市・東京」の取り組みを紹介。

 観光産業の復活とサステナブル・リカバリーの実現を基本理念に、「観光産業の活性化」など三つの戦略と、「東京ならではの観光資源の磨き上げと新たな観光スタイルの浸透」など七つの施策、さらにMICE誘致の推進を展開している。

 目指すべき将来像として、東京を訪れる国内旅行者6億人、外国人旅行者3千万人超、国際会議開催件数世界3位以内―を掲げている。

 「新たな訪日インバウンド戦略の構築に向けて」と題して講演した帝京大観光経営学科の吉村久夫教授は、コロナ禍で需要が消滅したいまが「訪日インバウンド戦略を再構築する最大の機会であり、最高のタイミング」と捉えた。

 戦略策定に当たっては「複数のシナリオを持つ」「単なる数値目標ではなく、達成状況を想定した『見える化』を図る」「柔軟に修正できる前提で考える」と指摘。

 その上で、戦略の考え方として(1)人数拡大目標からの転換(2)訪日インバウンドという単一マーケットはない(3)自然や政治・経済、病気などに大きく影響されるが、そうしたことは必ず再び起こり、そのたびに影響を受けるという前提に立つ(4)特定の市場に過度に頼りすぎない―の4点を挙げた。


講演する帝京大の吉村教授

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram