CI一致指数、3カ月連続低下 内閣府7月改定値

  • 2018年10月12日

 内閣府がこのほど公表した景気動向指数(CI、2010年=100)の7月改訂値は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.8ポイント減の116.1と、3カ月連続で低下した。先に公表の速報値から0.2ポイント下方修正した。CI一致指数の基調判断は「改善を示している」と、前月と速報段階の判断を据え置いた。

 数カ月先の景気を示す先行指数は103.9と、前月比0.7ポイント低下。速報値から0.4ポイント上方修正した。

関連する記事

帝国データバンクはこのほど、100業界198分野の2018年度の景気展望を天気図にしてまとめた。ホテル・旅館は唯一の最高ランクの「快晴」となった。 判断理由について同社…

続きを読む

帝国データバンクによると、今年度上半期(2018年4~9月)のホテル・旅館経営業者の倒産(負債1千万円以上の法的整理)は36件、負債総額は262億9900万円だった。件数…

続きを読む

楽天グループの民泊事業会社、楽天LIFULLSTAY(楽天ライフルステイ)は、土地、用途に応じて自由な配置やデザインが可能なコンテナを活用した宿泊施設の開発、販売を進め…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

日本舞踊の山村若瑞(2016ミス日本酒奈良代表)さんが来社!