ANTA、7月から全国で「令和元年度 旅行業務取扱管理者定期研修」 

  • 2019年5月23日

 全国旅行業協会(ANTA)は、「令和元年度 旅行業務取扱管理者定期研修」を7月3日の東京を皮切りに全国で開催する。選任された旅行業務取扱管理者は、その職務に関し必要な知識と能力の向上を図るため、同研修を5年ごとに受講する必要がある。

 受講資格は、旅行業者や旅行業者代理業者の営業所で、総合、国内の旅行業務取扱管理者として選任されている者(選任見込みの者を含む)。受講料は教材費込みで1万2千円。

 開催会場は次の通り。

 東京都(1)(7月3日)東京都千代田区「大手町ファーストスクエア カンファレンス」

 さいたま市(7月5日)さいたま市大宮区「JA共済埼玉ビル」

 名古屋市(7月9日)名古屋市中村区「TKPガーデンシティPREMIUM名駅西口」

 盛岡市(7月16日)盛岡市「アイーナ いわて県民情報交流センター」

 高知市(7月23日)高知市「高知会館」

 大阪市(7月30日)大阪市中央区「エル・おおさか 大阪府立労働センター」

 大分市(8月7日)大分市「トキハ会館」

 広島市(8月8日)広島市中区「RCC文化センター」

 以降、10月~12月に札幌市、高崎市、東京都(2)、金沢市、静岡市、鳥栖市で、来年2月に東京都(3)、京都市で開催を予定している。

関連する記事

JTBが2019年度に掲げた宿泊販売の目標4500億円を達成するにはグループ会社の総合力の発揮が欠かせない。JTBグループの主要な旅行事業会社のトップに国内宿泊の販売方針…

続きを読む

シンガポール航空は、スーパーフードを取り入れた新機内食を7月から提供する。 シンガポール航空日本支社(東京都千代田区、日本支社長デイヴィッド・ラウ)は、2019年7月から…

続きを読む

観光庁が5月15日に発表した主要旅行業49社の2018年度の旅行取り扱い状況年度総計(速報)は、総取扱額が前年度比1.6%増の5兆2246億4165万円だった。内訳は、国…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube