3都県 コロナ前上回る 4月の日本人宿泊者数

  • 2022年7月21日

 観光庁が発表した宿泊旅行統計調査の第2次速報値で、2022年4月の全国の宿泊施設における延べ宿泊者数は3363万人泊だった。オミクロン株の感染拡大に対するまん延防止等重点措置は3月21日に全ての地域で解除されたが、コロナ禍前の19年同月比では33.7%減だった。全ての都道府県が19年同月の実績を下回った。日本人延べ宿泊者数に限っても19年同月比16.1%減と宿泊需要は回復していないが、全国のうち3都県はプラスだった。

 4月の延べ宿泊者数は、前年の21年同月比では50.7%増だった。

 延べ宿泊者数の内訳は、日本人が3310万人泊で19年同月比16.1%減、21年同月比49.8%増。外国人は21年同月比132.6%増の53万人泊で、水際対策の緩和により増加したが、19年同月比は95.3%減だった。

 延べ宿泊者数全体を都道府県別に見ると、19年同月比の減少率が40%を超えたのは、京都府50.9%減▽沖縄県49.9%減▽大阪府49.3%減▽滋賀県44.8%減▽香川県42.1%減▽鳥取県40.1%減。一方で減少率が1桁台と小さかったのは、山口県2.2%減▽栃木県4.2%減―の2県だった。

 日本人延べ宿泊者数に限って見ると、19年同月比は、東京都5.2%増▽栃木県0.6%増▽神奈川県0.03%増―と3都県だけがコロナ前の水準に回復した。延べ宿泊者数全体では全国で最も減少率が大きかった京都府も、日本人だけでは8.5%減と1桁台の下げ幅だった。一方で日本人延べ宿泊者数の減少率が大きいのは、滋賀県38.2%減▽福井県37.6%減▽鳥取県36.1%減▽徳島県、沖縄県35.1%減(同率)―などだった。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram