2017年外国人延べ宿泊数、福島・秋田が震災前上回る

  • 2018年3月16日

 東北6県の2017年の外国人延べ宿泊者数が94万5560人泊となり、東日本大震災前の10年比で87・1%の増加となった。観光庁の宿泊旅行統計調査の速報値を基に「従業者数10人以上の宿泊施設」の延べ宿泊者数について東北運輸局が集計した。インバウンドの回復が遅れていた福島県、秋田県が初めて震災前の水準を上回った。

 福島県は、10年比7・8%増の9万4千人泊となった。震災前に比べると、韓国が大幅に減少しているが、台湾、中国、タイ、豪州などが増加している。秋田県は、同44・9%増の9万2140人泊。震災前に比べて、韓国が減少しているが、台湾、香港、中国などが増加している。

 青森県は、10年比304・7%増の23万9150人泊。宮城県を上回って東北6県で最多となった。宮城県は同45・7%増の23万2310人泊、岩手県は同126・6%増の18万9070人泊、山形県は同87・9%増の9万8910人泊。

 震災前の水準を上回ったのは、青森県が14年、宮城県、岩手県、山形県が15年だった。

 東北6県合計の17年の外国人延べ宿泊者数を国・地域別に見ると、最多は台湾で10年比184・5%増の38万2810人泊。続いて中国が同266・2%増の16万330人泊、韓国が同37・5%減の7万8170人泊、米国が同63・9%増の6万1710人泊、香港が同15・4%減の5万5260人泊、タイが同445・0%増の4万2730人泊、豪州が同311・7%増の1万6960人泊など。

関連する記事

日本政府観光局(JNTO)は10月30日、アラブ首長国連邦(UAE)・ドバイを拠点に中東地域に幅広い路線を持つ航空会社、エミレーツ航空と訪日旅行の促進に関する協力の覚書を…

続きを読む

世界的な旅行ガイドブック「LonelyPlanet」(ロンリープラネット)がこのほど発表した2020年に訪れるべき世界の旅行先のランキング「BestinTravel…

続きを読む

東京、神戸、京都が上位 日本政府観光局(JNTO)は10月30日、国際会議統計をまとめた。日本国内で2018年に開催された国際会議の件数は、前年比3.6%増(120件増)…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube