2017年の延べ宿泊者数1%増、観光庁速報値

  • 2018年3月14日

 観光庁はこのほど、宿泊旅行統計調査の2017年年間値の速報値を発表した。宿泊施設の延べ宿泊者数は4億9819万人泊で前年比1・2%増となった。都道府県別では前年実績に対して25都道府県がプラス、22県がマイナスだった。全体のうち日本人の延べ宿泊者数は4億2019万人泊で同0・7%減だったが、外国人の延べ宿泊者数は7800万人泊の同12・4%増で過去最高を記録した。延べ宿泊者数全体に占める外国人の割合は15・7%だった。

 延べ宿泊者数全体の都道府県別の上位10位は、(1)東京都(5811万人泊)(2)北海道(3468万人泊)(3)大阪府(3270万人泊)(4)千葉県(2299万人泊)(5)沖縄県(2110万人泊)(6)静岡県(2063万人泊)(7)神奈川県(1912万人泊)(8)京都府(1849万人泊)(9)長野県(1820万人泊)(10)福岡県(1806万人泊)。

 主な地方ブロック別に見ると、東北は、福島県以外がマイナスとなり、6県で前年比4・4%減の3830万人泊だった。四国は愛媛県以外がマイナスで、4県で2・2%減の1274万人泊。中国5県は同1・5%減の2566万人泊となった。九州は、熊本地震が起きた前年から7・1%増の5553万人泊だった。

 外国人延べ宿泊者数に限ると、40都道府県が前年に対してプラス。上位10位は、(1)東京都(1903万人泊)(2)大阪府(1171万人泊)(3)北海道(743万人泊)(4)京都府(559万人泊)(5)沖縄県(460万人泊)(6)千葉県(353万人泊)(7)福岡県(319万人泊)(8)愛知県(259万人泊)(9)神奈川県(226万人泊)(10)山梨県(153万人泊)。

 延べ宿泊者数全体に占める外国人の割合は、東京都が32・7%、大阪府が35・8%、北海道が21・4%、京都府が30・2%、沖縄県が21・8%に達している。

 外国人延べ宿泊者数は、三大都市圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫の8都府県)が10・2%増の4612万人に対し、地方部(三大都市圏以外)が15・8%増の3188万人泊となった。主な地方ブロックでは、東北が40・4%増の102万人泊、中国が21・5%増の167万人泊、四国が23・0%増の80万人泊、九州が31・4%増の751万人泊。

 外国人の国・地域別では、最多の中国が2・7%増の1732万人泊で全体の24・1%を占めた。以下は台湾が6・7%増の1124万人泊、韓国が41・2%増の1093万人泊、香港が18・8%増の619万人泊、米国が11・6%増の479万人泊、タイが5・9%増の254万人泊、豪州が12・9%増の180万人泊などだった。

関連する記事

観光庁の「世界水準のDMOのあり方に関する検討会」(座長・矢ケ崎紀子東洋大学国際観光学部国際観光学科教授)の第2回会合が11月28日に開かれた。日本版DMOの登録法人を対…

続きを読む

文化庁は、「文化庁文化交流使フォーラム2019」を1月30日に開催する。 「文化庁文化交流使フォーラム2019」の開催 〜⽇本の⼼を世界に伝える〜 (第16回⽂化庁「⽂化…

続きを読む

2018年10月の出国日本人数(JNTO推計値)は、前年同月比12.8%増の164万6千人だった。18年1~10月累計は前年同期比5.2%増の1565万1千人。18年の年…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube