2015年度の温泉地数、全国に3155カ所 環境省

  • 2017年4月11日

 環境省は3日までに、2015年度の「温泉利用状況」をまとめた。それによると、16年3月末現在の温泉地数(宿泊施設のある場所)は全国で3155カ所となり、前年同月時点と比べ3カ所減っていることが分かった。

 源泉総数は2万7214カ所で、同154カ所減。総数のうち、利用源泉数は1万7581カ所。自噴は4499カ所にすぎないが、前年度と比べると357カ所も増えている。対して、動力は同96カ所減の1万3082カ所。

 未利用源泉数は1万55カ所で、うち自噴は3530カ所だった。温度別源泉数をみると、最も多いのは42度以上で、1万2395カ所となっている。25度以上42度未満は6834カ所、25度未満は3966カ所ある。

 湧出量は自噴が毎分68万6427リットル、動力は同188万8240リットル。自噴、動力ともに減少しているが、特に自噴は約4万7千リットル減と減少幅が大きい。

 宿泊施設数は同169軒減の1万3108軒だが、延べ宿泊利用人員は約1億3200万人で、約405万人の増加に。また、国民保養温泉地の延べ宿泊利用人員は約13万人増の885万6161人。温泉利用の公衆浴場数は22カ所減り、7864カ所となっている。

 温泉地数を都道府県別にみると、最も多いのは北海道の245カ所。次いで、長野県(224カ所)、新潟県(153カ所)、青森県(133カ所)、福島県(132カ所)の順で、東日本が上位を占めている。最も少ないのは沖縄県の8カ所だった。

 一方、源泉数では様相が変わる。大分県が4342カ所と断トツで、2位の鹿児島の2773カ所を大きく上回る。以下、静岡県(2263カ所)、北海道(2110カ所)、熊本県(1345カ所)、青森県(1084カ所)と続く。最も少ないのは温泉地数と同様沖縄県で、13カ所。

 利用源泉数のうち、自噴の割合が大きいのは大分県(684カ所)、宮城県(635カ所)、北海道(389カ所)などで、自噴、動力を合わせた湧出量が最も多かったのは大分県で、毎分27万9462リットルだった。

関連する記事

観光庁は5日、訪日外国人旅行者の消費拡大につながる体験型コンテンツを開発する2018年度の新規事業「最先端観光コンテンツインキュベーター事業」でモデル事業13件を選定した…

続きを読む

従事者数は増加   総務省はこのほど、サービス産業動向調査の7月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は前年同月比6.1%減の…

続きを読む

観光庁は、訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策・旅行環境整備事業の既存補助メニューの応募受付期間を当初の10月31日から12月28日に延長した。予算に達し次第終了となる。…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

日本舞踊の山村若瑞(2016ミス日本酒奈良代表)さんが来社!