JR東日本、シェアオフィス 20年度100ヵ所に

  • 2021年2月21日

 JR東日本は8日、2020年度にシェアオフィス「STATION WORK」のネットワークを100カ所まで拡大する方針を発表した。東日本エリア全域に拡大し、ホテルワーク、ジムワークなど新たなワークスタイルを提案する。

 STATION WORKは、駅構内にあるシェアオフィスサービス。施設には空調が完備されるほか、モニター、電源、Wi―Fiを設置している。現在は首都圏の駅を中心に設置されている。

 「さまざまな働き方に対応するため、駅ナカのSTATION BOOTHのほか、ホテルやフィットネスジム、コンビニ、カフェなどとのコラボレーションを進め、ライフスタイル提案型のシェアオフィスへと進化していきたい」と同社。

 今後は、JR東日本ホテルメッツ全29館や、フィットネスジム「JEXER新宿」などでSTATION BOOTHを開業する。新宿や恵比寿などの都心エリアから、秋田、盛岡、新潟などの東北信越エリアまで東エリア全域に展開する(都心で70カ所、東北信越で30カ所)。

 2023年度には1千カ所まで拡大する予定。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram