6月の延べ宿泊者2%増、24都道府県がプラス~観光庁統計

  • 2017年9月12日

 観光庁は8月31日、宿泊旅行統計調査の第2次速報値を発表した。今年6月の宿泊施設の延べ宿泊者数は、前年同月比2・1%増の3768万人泊となった。前年同月の実績に対して24都道府県がプラスだったが、23府県がマイナスだった。延べ宿泊者数全体のうち日本人は同0・8%増の3152万人泊、外国人は同9・5%増の616万人泊。ともに4カ月連続の増加。外国人は6月として過去最高だった。

 延べ宿泊者数が上位の都道府県は、(1)東京都(0・7%増の461万人泊)(2)北海道(3・5%増の295万人泊)(3)大阪府(10・0%増の262万人泊)(4)千葉県(6・0%増の173万人泊)(5)沖縄県(4・2%増の170万人泊)。

 運輸局の管轄別に地方を見ると、前年同月に対してマイナスが目立つのが中部(愛知、静岡、岐阜、福井、三重の5県)と東北(6県)。中部は6・3%減の382万人泊、東北は3・9%減の316万人泊。中部、東北ともにすべての県がマイナスとなった。

 外国人延べ宿泊者数に限ると、前年同月の実績に対して30都道府県がプラス、17県がマイナス。都市・地方別の増減率は、三大都市圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫の8都府県)が6・5%増、地方部(三大都市圏以外)が14・7%増だった。

 外国人延べ宿泊者数が上位の都道府県は、(1)東京都(1・7%増の152万人泊)(2)大阪府(22・3%増の106万人泊)(3)北海道(14・0%増の51万人泊)(4)沖縄県(32・1%増の46万人泊)(5)京都府(4・4%増の44万人泊)。

 国・地域別では、最多が中国の12・9%減の130万人泊で、全体の22・8%を占めた。以下は、台湾が1・6%増の99万人泊、韓国が76・4%増の86万人泊、香港が23・4%増の52万人泊、米国が8・0%増の49万人泊、シンガポールが19・7%増の17万人泊など。

関連する記事

観光庁は、中小規模の旅館・ホテルの経営者や幹部を主な対象として、宿泊業の生産性向上に関するセミナーを3月に全国5都市で開催する。先進的な旅館の経営者が生産性向上のモデル事…

続きを読む

30都道府県がプラスに 観光庁の宿泊旅行統計調査の結果(第2次速報)で、2017年11月の宿泊施設の延べ宿泊者数は、前年同月比2・7%増の4086万人泊となった。30都道…

続きを読む

観光庁の訪日外国人消費動向調査の2017年10~12月期の結果(速報値)で、日本滞在中に民泊(有償での住宅宿泊)を1泊以上利用した外国人旅行者の割合は11・0%だった。約…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?