黒川温泉、入場手形300万枚達成

  • 2020年3月14日

キャンペーンのポスターを手にする下城さん(左)と武田さん

 黒川温泉(熊本県)のキャラバンが2月20日、東京の観光経済新聞社を訪問し、「入湯手形300万枚達成記念キャンペーン」をPRした。

 キャンペーンは昨年10月から今年3月までの半年間実施。手形の300万枚目の購入者に30万円相当の「黒川温泉の達人たちがプロデュースする超ぜいたくな旅」をプレゼントするほか、購入者の中から抽選で毎月5組、計30組に同温泉の旅館のペア宿泊券をプレゼントする。300万人目は既に昨年11月に達成している。

 入湯手形は同温泉の28カ所の露天風呂のうち3カ所に入浴できる手形。1枚1300円で、有効期間は半年。昭和61年に発売し、今では全国の温泉地で見られる湯巡り手形の先駆け的存在となっている。

 「露天風呂から眺める景色とともに、7種類と多くの泉質を持つこともアピールしたい」と黒川温泉観光協会の下城誉裕会長(南城苑)と同温泉観光旅館協同組合の武田亮介代表理事(やまびこ旅館)。


キャンペーンのポスターを手にする下城さん(左)と武田さん

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram