高校生による観光プランコンテスト、山形県が初開催

  • 2007年12月8日

自ら企画したプランを寸劇などを交えてプレゼンテーション

自ら企画したプランを寸劇などを交えてプレゼンテーション

 高校生に地元の魅力を再認識してもらおうと、山形県は11月23日、山形市で高校生による観光プランコンテストを初開催した。生徒たちが自ら考案した観光プランを寸劇などを交えて発表し、地元の観光資源などをアピールした。優秀作品はJR東日本の着地型ツアーに採用する。

 同コンテストは、県総合政策推進事業の一環で、県高校教育課が主催。参加校の生徒たちは、地域の歴史や文化、観光資源を独自の視点で発掘することで、新たな観光プランづくりに挑戦した。

 各校とも独自にパンフレットを制作しプレゼンテーション時に観客に配布。パソコンのソフトを活用した説明のほか、寸劇なども取り入れ、熱の入った発表を行った。

 最優秀賞は、高畠高校が企画した「SLで行く秋の故郷めぐり」。昭和の風景が今に残る商店街「昭和縁結び通り」や旧高畠駅などをめぐるプラン。同プランは、優秀賞を受賞した米沢商業高校のプランとともに、JR東日本が催行する着地型ツアー「駅長オススメの小さな旅」に採用される予定だ。

 県高校教育課では「地元の魅力を国内外に発信できる人材づくりのきっかけとなれば」と期待する。

自ら企画したプランを寸劇などを交えてプレゼンテーション
自ら企画したプランを寸劇などを交えてプレゼンテーション
 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら