雲仙温泉、滞在型リゾートへ12のプロジェクト

  • 2020年11月22日

 雲仙市(長崎県)は、雲仙温泉の10年後を見据えた「観光戦略」を策定した。「5泊6日したい滞在型リゾート」を目指し、温泉地の魅力を高める12のプロジェクトを推進。温泉街の観光関連事業者の年間総売り上げを前年(2019年)のおよそ1・5倍の100億8千万円にすることを目指す。

 プロジェクトの一つ「新たな人の流れと価値を生み出す仕組みづくり」は、温泉街の宿泊施設や周辺へのコワーキングスペースやサテライトオフィスの開設を推進。「戦略的マーケティング・プロモーションの実施」では、コロナ禍を見据えた安全安心のプロモーションや県内、九州域内の顧客に向けた「マイクロツーリズム」に取り組む。

 雲仙地獄や仁田峠など自然を生かした体験プログラムの造成、外湯や食を活用したそぞろ歩きコンテンツの開発、長崎市内や島原半島内各地とのアクセス強化にも取り組む。

 雲仙温泉への宿泊客数は近年減少傾向にあり、市の人口も10年後は約7100人の減少が見込まれている。温泉街の魅力を高め、顧客の滞在を促すことで、人口減による消費ロスをカバーする。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram