関電アニメックス、関電トンネルトロリーバスの「運行票」型御守りキーホルダーを発売

  • 2018年9月21日

 関電アニメックスは、関電トンネルトロリーバスの「運行票」型御守りキーホルダーを発売した。

黒部ダムと扇沢駅(長野県大町市)を結ぶ、関電トンネルトロリーバスは、今年度廃止され、来年度より電気バスがスタートします。「トロバス」の愛称で親しまれた関電トンネルトロリーバスは54年間の営業期間中、無事故で運行をしてきました。このたび、その安全運行を支えてきた「運行票」をモチーフとした、「運行票型御守りキーホルダー」の販売を始めます。
株式会社関電アメニックス(本社:大阪市中央区取締役社長稲田豊)は、長野県大町市で運営するくろよんロイヤルホテル、扇沢売店、富山県の黒部ダム各売店で、関電トンネルで使用されているトロリーバスの「運行票」をミニチュア化した御守りキーホルダーを販売します。
運行票とは、線路が1本しかなく列車の行き違いができない単線区間で、これを持たない列車は先に進めないという運転保安システムで、正面衝突を避けるための方式です。
このシステムを「スタフ」閉塞や「タブレット」閉塞方式といい、かつては全国の単線区間で使用されていたものですが、JRでは2012年を最後に使用路線がなくなり、現在では私鉄の数箇所を残しほとんど見られなくなってしまいました。
関電トンネルトロリーバスは、バスの形をしていますが、法律上は「無軌条電車」という電車の仲間になります。運行開始以来54年間無事故を守ってきたことで知られており、この安全運行の実現に寄与したいわゆる「通行手形」をリアルに再現したミニチュアに「交通安全」のタグを付け「御守」に仕立てました。勿論、鉄道マニアにもたまらない垂涎のアイテムに仕上がっています。
なお、2019年4月から、電気バスに切り替わっても、運行票は使用される予定です。

運行票型御守り運行票型御守り

タブレット交換の様子タブレット交換の様子

タブレット(運行票)タブレット(運行票)

【商品仕様】
運行票A黄扇沢⇔信号場
運行票B橙信号場⇔黒部ダム
サイズ:H30mm×W80mm(本体部分)
本体材質:アクリル
価格:650円(税込)
販売開始:平成30年9月13日

【会社概要】
会社名:株式会社関電アメニックス
所在地:大阪市中央区南船場4-11-12
代表者:稲田豊
設立:昭和39年8月1日
URL :https://www.k-amenix.co.jp/
事業内容:ホテル、ゴルフ場、観光遊覧施設の運営、旅行業、自動車運送等

関連する記事

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹以下KADOKAWA)は、2019年5月16日にウォーカームック「関西夏ウォーカー2019」を発売…

続きを読む

D&DEPARTMENT PROJECT(商号:ディアンドデパートメント株式会社/東京都世田谷区、代表・ナガオカケンメイ)は、渋谷ヒカリエ8階・d47 MUSEUM…

続きを読む

大好評『地球の歩き方』乗り物deおさんぽシリーズに最新刊『香港メトロさんぽMTRで巡るとっておきスポット&新しい香港に出会う旅』が仲間入りしました。本書はMTR(…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube