関修委、修旅1番電車の出発式

  • 2009年5月16日

生徒代表がJR東海の駅長らに花束を贈呈

生徒代表がJR東海の駅長らに花束を贈呈

 関東地区公立中学校修学旅行委員会(関修委、事務局=全国修学旅行研究協会内)は8日、JR東京駅新幹線ホームで今年度修学旅行専用電車の出発式を行った。

 花束贈呈などのセレモニーに続き、9校、1225人の生徒が朝7時47分発の一番列車に乗車。旅行先の関西方面に向かった関東地区5県(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉)の公立中学校では今年度、関西方面へ788校、11万6875人、東北方面へ9校、1273人が専用電車を利用した修学旅行を行う。

 セレモニーでは関修委の石井英穂運営委員、全修協の中西朗理事長らが「一生に一度の修学旅行。思い出に残る、意義ある修旅にしてください」とあいさつ。生徒を代表して埼玉県滑川町立滑川中学校の小高夏美さんが「今まで学んだことを肌で感じ、最高の思い出をつくりたい」と答礼した。

生徒代表がJR東海の駅長らに花束を贈呈
生徒代表がJR東海の駅長らに花束を贈呈
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram