還付率、過去最低の3.5%~破産の「てるみくらぶ」弁済

  • 2017年12月8日

 日本旅行業協会(JATA)は11月16日、破産した旅行会社「てるみくらぶ」に関する弁済の認証結果を公表した。被害にあった旅行者の債権総額は34億2059万円で、弁済限度額1億2千万円を按分配当し、旅行代金の3・5%を還付する。還付率3・5%は「平成18年に新しい弁済制度になって以降、過去最低」(JATA広報室)。

 てるみくらぶで予約を申し込んだ旅行者から1万643件、34億2059万円の認証の申し出があった。10月31日に開いた弁済業務委員会でこの全額が認証の対象となる債権と認められた。

 JATAによると、弁済制度では平均して債権の8割以上戻っている。

関連する記事

日本旅行は、京急観光の店舗・外販事業の事業譲受契約を締結した。  京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区,社長:原田一之,以下京急電鉄),および100%子会社である京…

続きを読む

KNT―CTホールディングス(HD)は8日、2018年3月期の第3四半期(17年4月1日~12月31日)決算短信を発表した。連結業績は売上高が前年同期比2・6%増の318…

続きを読む

エボラブルアジア、LCCのエアアジア・ジャパンとシステム(API)連携を開始すると発表した。 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?