観光庁、既存観光拠点の再生事業 交通連携型の公募開始

  • 2021年7月1日

 観光庁は6月18日、「既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業」で、自治体・DMO型、事業者連携型に続き、「交通連携型」の公募を開始した。交通事業者と観光事業者が連携して行うバスやタクシーの実証運行、鉄道のイベント運行、観光目的の船の改造などに補助金を交付する。募集の締め切りは9月17日までだが、予算に達し次第受け付けを終了する。

 補助金交付の前提となる「観光拠点再生計画」の公募。計画の申請者は交通事業者を代表者として、構成員に観光事業者などを含むことが条件。国から計画の採択を受けた後、個別の事業について具体的に補助金交付を申請する流れ。

 主な補助対象メニューは、乗り合いバス、貸し切りバス、タクシーに関する観光需要に合わせた実証運行は、補助率10分の10、上限5千万円。鉄道、旅客船などに関する観光イベント運行(運航)・増便などの実証運行も10分の10、上限5千万円。船の観光目的の改造は2分の1、上限1千万円。

 公募要領などは観光庁のホームページに掲載されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram