観光庁、国内観光の需要喚起へキャンペーン開始

  • 2011年5月7日

 観光庁は4月21日、東日本大震災を受けて低迷している国内旅行の振興に向け、観光・交通業界と連携した官民合同のキャンペーンをスタートさせると発表した。観光の活性化を通じた被災地の支援、風評被害や自粛ムードの影響を受けている東日本をはじめ、全国の旅行需要を喚起させる取り組みを盛り上げたい考えだ。

 キャンペーンは、観光庁が4月12日に観光関係団体や地方自治体に対し、長官名で観光への積極的な取り組みを求めたのを契機に実施。溝畑宏長官もメディアを通じ、ゴールデンウイークの旅行を呼びかけるアピールなどを行ってきた。

 キャンペーンは第1弾を6月までとして、国内旅行を促し、東日本で開催されるイベントなどをPRしていく活動を官民一体で推進する。義援金による支援なども併せて促進する。第2弾は7月からとして、夏季休暇をターゲットにした取り組みを進める。具体的な事業内容は今後詰めていく。

 キャンペーンでは共通ロゴを設定し、旅行商品やイベントのPRに活用してもらう。ロゴは外国人誘致などにも使用しているマークを生かし、英字の「ジャパン・エンドレス・ディスカバリー」に替えて「がんばろう 日本」のフレーズを入れたものを使う。

 共通ロゴを使用できるのは、(1)観光、旅行を通じて、被災地に対する直接の支援につながる取り組み(2)風評被害を受けている主に東日本向け旅行を促進させる取り組み(3)全国での国内旅行需要を喚起させる取り組み──。

 共通ロゴは事業者が自由に使用できる。観光庁のホームページからマークの部分をコピーし、フレーズの文字のフォント、サイズは自由に設定できる。別途データが必要な場合は、観光庁観光資源課(TEL03・5253・8925)まで。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram