管理用木柵の採用決まる 日本観光施設協会が開発

  • 2018年6月13日

 国際観光施設協会はこのほど、ホテル都市分科会が開発した屋外イベントの管理用木柵「Ki―Saku」(きさく)が福島県の道の駅国見「あつかしの郷」に採用されたと発表した。

 同分科会は「日本の木材をもっと観光施設に使おう」という「木づかい運動」を続けている。2015年には、木材を美しく蓄えて、非常時にも活用できる観光地の木道装置「美畜木道」を提案した。きさくはそのアイテムの一つとして開発。

 協会によると、きさくの採用は同県の木景観形成事業の助成を受け、決まった。「きさくは20年の東京五輪・パラリンピックの屋外競技管理用の木柵として活用されことを想定している」という。きさくは商標登録している。

関連する記事

プリンススノーリゾートでは、子どもや訪日外国人旅行者などがスキー・スノーボード以外で楽しめる「コト消費」を提案している。 株式会社プリンスホテル(本社:東京都豊島区3‐1…

続きを読む

0.5坪に設置できる喫煙ブーススモークポイントキューブ スモークポイント(Fujitaka)公式サイト

続きを読む

習志野市谷津干潟自然観察センターは、ラムサール条約登録湿地の“谷津干潟”で「世界湿地の日まつり」を2月3日に開催する。 千葉県習志野市にある習志野市谷津干潟自然観察センタ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube