立教大学観光学部、台湾のリージェント タイペイで6ヶ月間の長期インターンシップ実施

  • 2018年10月20日

 立教大学観光学部とリージェント タイペイは12日、6カ月間の長期インターンシップ実施のための覚書を結んだ。

立教大学観光学部(埼玉県新座市、学部長:橋本俊哉)とリージェント タイペイ(台湾・台北、取締役社長:潘思亮)は、長期インターンシップ実施のための覚書調印式を10月12日(金)に開催しました。外のホテルへの6ヶ月間におよぶ長期インターンシップは、立教大学の観光教育の歴史において初めての試みとなります。

立教大学観光学部は、経済産業省の平成30年度「産学連携サービス経営人材育成事業」において、「企業と大学の相補的連携による宿泊業経営専門職の人材育成」のテーマで採択されています。高等教育機関における職業教育の今後の有り方の検討も視野に入れ、国内外での長期インターンシップを組み込んだ教育プログラムの開発に取り組んでいます。

今回の提携により、海外のホテルに学生を長期間派遣して高度観光人材を育成する、初めての試みがスタートすることになります。学生は滞在先としてリージェント タイペイの1室をシェアする形で提供され、6ヶ月間ホテルで生活しながらホテル・オペレーションだけでなくホテル経営までを学びます。

■リージェント タイペイ
アジアにおける最も収益性の高いホテルグループの1つであるシルクスホテルグループに所属し、台湾屈指のラグジュアリーホテルであるリージェント タイペイは、台北の中心街に建つ20階、538室を持つホテルです。世界有数のトラベルガイド『フォーブス・トラベルガイド』2018年の格付けホテル部門では、4つ星を獲得しています。

■立教大学の観光教育
立教大学は、1946年に「ホテル講座」(現ホスピタリティ・マネジメント講座)を設置したことを皮切りに、1961年には「立教観光クラブ」を設立(現在の会員数約3,000人)。1967年には4年制大学として初の観光学科を設置し、1998年には日本で最初の観光学部と大学院に観光学研究科を開設するなど、日本の観光を70年以上の歴史と伝統で支えてきました。海外との交流も積極的に促進しています。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram