空港手荷物コンベヤーで流れてくるのは何と寿司ネタ! 大分空港でユニークなPR活動

  • 2007年12月1日

 巨大な車海老の握りずしが空港で手荷物と一緒に登場。一味変わったPR活動が行われているのは、大分県・大分空港。おなじみの手荷物受取所のコンベヤーだが、荷物と一緒に巨大なすしのサンプルが「回転」し、同県が誇る海産物を観光客にPRする。

 巨大な握りずしはウレタン発泡スチロール製で、高さ約30センチ、皿の直径は70センチ。ツーリズムおおいたが中心となり製作した。1皿20万円ほどの製作費は同県の姫島村と佐伯市観光協会も一部負担し、姫島村特産の車海老と佐伯市特産のウニをモチーフにした巨大握りずしを完成させた。

 このユニークなPR案は、ツーリズムおおいたの情報発信委員会が「空の窓口である空港を生かしたい」と検討を重ねる中で浮上したもの。今年5月から実施しているが、突然の握りずしの登場に観光客もびっくり。記念に携帯電話やカメラを向ける人も多く、「インターネットのブログやテレビなどで紹介されたことで、じわじわと注目度が高まってきた」(ツーリズムおおいた、渡辺弥香氏)という。

 大分名物「とり天」など、海産物以外の特産品を回す案も出ているというが、悩みはその重さ。1皿の重さは約25キロある。現在、手荷物が来るたびに作業員が巨大ずしをコンベヤーに載せているが、作業負担は大きい。「注目を浴びているのを機にPRしたい特産品は多いが、あまり増やすこともできない」(渡辺氏)と頭を抱える。

すしのサンプルの重さは1皿25キロ
すしのサンプルの重さは1皿25キロ
 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram