神戸市がコンベンション誘致を強化

  • 2008年11月8日

大手ホテルなどが参加したキャラバン

大手ホテルなどが参加したキャラバン

 神戸コンベンション誘致協議会(事務局・神戸国際観光コンベンション協会)は10月28日、首都圏誘致キャラバン隊を結成し、JTB法人東京やKNT、観光庁、観光経済新聞社を訪問した。これまで観光誘致を目的とした誘致キャラバンは実施していたが「コンベンション誘致に特化したのは初めて」という。

 同誘致協議会は、官民一体となったコンベンション誘致活動を展開するため、クラウンプラザ神戸やホテルオークラ神戸など市内大手ホテル6社が参画し、06年5月に発足。誘致情報の共有・窓口の一本化、受け入れメニュー一覧の作成とPR、誘致キャンペーンへの共同出展──などが主な活動。

 神戸市の国際コンベンションの開催件数は06年で183件。東京、京都、福岡、大阪、名古屋に次いで6番目に位置し、03年(168件)から4年連続で増加しているものの、「街ぐるみで対応できる神戸の良さを(東京の)旅行会社やマスコミに訴え、開催件数をさらに増やしていきたい」(同協会)と意気込む。

 キャラバン隊によると神戸コンベンションセンターから30分圏内に46ホテル、総客室数7200室が集積、6ホテルだけで約2500室が確保できる。「移動に伴う費用や時間がかからず、効率的な運営ができる。観光資源も豊富にある」と自信を示す。

 また、助成金制度も充実し「今年から最高額1500万円(従来は1千万円)まで補助できる」ようにした。

 コンベンション誘致は他都市との競争が激しい分野だが、ハード、ソフト面の良さをアピールし神戸での開催を呼びかけていく。

大手ホテルなどが参加したキャラバン
大手ホテルなどが参加したキャラバン
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram