石川県、銀座にアンテナショップオープン

  • 2014年10月18日

 石川県(谷本正憲知事=写真右)は8日、東京・銀座にアンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」を開業した。開業記念式典には、石川県出身の遠藤関(写真左)、北陸新幹線開業PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」(写真中央)も駆けつけた。

 谷本知事はあいさつで「銀座の一等地に石川県の伝統工芸品、海山の食材、和菓子の素晴らしさなどをPRする拠点ができた。来年3月14日の北陸新幹線開業に向けて、特に観光誘客には力を入れていきたい」と強調した。

 同施設は、地上1、2階、地下1階の3フロアで構成。石川県の名産品、伝統工芸品など1900種類以上の商品を販売している。地下1階のイートインスペースと2階のカフェでは、石川の食材を使用した料理などを九谷焼や輪島塗の器で提供する。

 2階の観光案内コーナーでは、専任の観光コンシェルジュが観光地や食、イベントなどの旅行情報をきめ細かく案内する。

 外壁には瓦屋根の二重ひさし、入り口には加賀友禅のれんを揚げ、石川県の伝統的な町屋のイメージの演出を施している。

「いしかわ百万石・江戸本店」の概要
 (住所)東京都中央区銀座2-2-18TH銀座ビル、(電話)03-6228-7177、(休日)年末年始のみ、(営業時間)午前10時〜午後9時、(床面積)334.76平方メートル。

フロア詳細
 (2階、130.24平方メートル)取り扱い商品は九谷焼、輪島塗、山中漆器、金沢漆器、金沢箔、加賀友禅など。カフェ・加賀棒茶セット、金箔コーヒーセット、加賀紅茶セット、和菓子。 

 (1階、105.25平方メートル)取り扱い商品は加賀野菜、能登野菜、水産加工品、農産物加工品、醤油、味噌、塩、惣菜など。

 (地下1階、99.27平方メートル)取り扱い商品は和菓子、地酒、珍味など。イートイン・能登牛ステーキ丼、加賀百万石天丼など。

関連する記事

地域連携DMOである埼玉県物産観光協会は7日、埼玉らしい観光の未来を考える「埼玉県DMOフォーラム」を埼玉県さいたま市の大宮ソニックシティビルで開催した。観光関係者ら約1…

続きを読む

岩手県は、東日本大震災からの復旧・復興に関する展示を3月8日から東京スカイツリーで実施する。 2011年3月11日に発生した東日本大震災から8年が経ちます。 岩手県は、東…

続きを読む

水戸偕楽園で16日から「水戸の梅まつり」が始まった。 北関東三県広域観光推進協議会は、春の訪れを告げる「水戸の梅まつり」が水戸市 偕楽園で開催されることをお知らせします。…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube