池の平ホテル&リゾーツ、50周年記念式典で新エリア紹介

  • 2018年5月16日

「くるくるの国」がリニューアルオープン

長野広域観光のハブに

 
 池の平ホテル&リゾーツ(長野県茅野市、矢島義拡社長)は4月21日、白樺リゾート池の平ファミリーランドの白樺リゾート池の平ゲートとリニューアルされた「くるくるの国」のオープン記念式典を同ゲート前で開催した。開業50周年を記念し、白樺エリアの観光の顔として新たな施設をオープンした。

 式典の冒頭、矢島社長は「50年間、多くの人に来ていただいた。関係する全ての人に感謝したい。観光地域として育ち、苦しい時代も経験した。50周年を迎え、当社として何ができるかを改めて考えて形にした。与えられた自然環境に甘えず、ビーナスラインのハブとして、お客さまに楽しい時間を過ごしてもらえるように取り組んでいきたい」とあいさつした。

 来賓として立科町の米村匡人町長は「未来に夢をつなぎ新たなスタートを切り、ファミリーから国内外のお客さまにも広く未来永劫愛される観光地となってほしい」と激励した。茅野市の柳平千代一市長は「ビーナスラインの素晴らしい広域観光の拠点が白樺湖。そこに新たな観光の拠点ができた。通過するだけでなく、とどまってもらえるように共に取り組んでいきたい」と述べた。

 同ゲートは、白樺湖の玄関口として整備。自然との調和をコンセプトにした建物で、中には大手コンビニエンスストアであるローソンが店舗内に旅行案内所や名産品の直売所、住民と観光客が交流できるサロンスペースを設ける日本初のリゾート滞在拠点機能併設型店舗(リゾートローソン)「ローソンビーナスライン白樺湖店」をオープンした。また、屋上の展望デッキからは白樺湖が一望できる。

 くるくるの国は、これまであった滑り台やトランポリンなど大型遊具を撤去し、新エリア「シラカバウッドビレッジ」として整備。どんぐり型の回転ブランコ「ヒッポのどんぐりハウス」とトロッコ型のコースター「シラカバウッドコースター」、蓼科山の湧水を使い水遊びや魚釣りなどで楽しめる「川ちゃぷ広場」を設けた。


矢島社長


「くるくるの国」がリニューアルオープン

関連する記事

大阪マリオット都ホテルは、"鮑"三昧メニューを6月に提供する。 大阪マリオット都ホテル(所在地:大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1番43号)では、6月1日(金)から6月30日…

続きを読む

ジャパニーズ・イン・グループ(JIG、福田金也会長=栃木県・タートル・イン・日光)は9日、東京の台東区民会館で総会を開き、平成30年度事業計画を決めた。「『旅館』を世界に…

続きを読む

オリエ ンタルホテル広島は、夏のデザート約18種類「サマーデザートブッフェ」を実施する。 オリエンタルホテル広島(所在地:広島県広島市中区田中町6-10総支配人:引原史…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

東京スカイツリー・日台観光友好交流5周年「台湾観光フェア」