水陸両用バス、観光庁を表敬訪問

  • 2008年12月13日

関係者が観光庁を訪問

関係者が観光庁を訪問

 栃木県日光市の湯西川ダムで、国土交通省の観光活性化実験として運行していた水陸両用バスのツアー終了に伴い、地元の観光関係者や行政らでつくる水陸両用バス導入協議会メンバーと湯西川温泉旅館の女将ら9人が1日、観光庁の本保芳明長官を表敬訪問した。訪問団は、116日間の乗車率が77.9%に上ったことなどを報告した。

 同協議会の湯西川温泉旅館組合・山城義宣組合長(彩り湯かしき花と華)が「1万5千人以上が乗車した。水陸両用バスは大変な人気」と説明すると、本保長官は「宿泊客の誘致にも結びついたと聞いている」と成果を確認し、庁舎の駐車場で水陸両用バスを視察した。

 水陸両用バスでダム湖遊覧を楽しむツアーは、昨年に続き活性化実験として実施された。期間は7月19日〜11月30日で、料金は大人3千円、子ども2千円だが、1万5332人が乗車した。参加者へのアンケートなどを集計し、2011年度のダム完成に向けた本格導入を検討する。

関係者が観光庁を訪問
関係者が観光庁を訪問
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram