横浜観光コンベンション・ビューロー、オンラインセミナー「ウィズコロナにおける横浜の観光MICEプロモーション」を9月17日開催

  • 2021年9月9日

 横浜観光コンベンション・ビューローは、オンラインセミナー「ウィズコロナにおける横浜の観光MICEプロモーション」を9月17日に開催する。

観光需要の回復期に向け、“今”プロモーションを行うことが求められています。本セミナーでは、今後の回復期に向けた観光MICEプロモーションを実行する上では何が効果的なのか、また、人々は今どんなことに興味を持っているのか、関心ごとは何なのか、さまざまな側面からのデータ分析に基づき、横浜が取り組んでいく観光MICEプロモーションについて考えます。
公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー(神奈川県横浜市中区)では、事業を通じて得る情報やデータを提供・共有し、先行きが不確かな昨今においても、共に横浜の観光・MICEに取り組んでいただけるようサポートしていくことを目指し、オンラインセミナー「横浜ビジネスミーティング」を開催しております。
第2回は、令和3年9月17日(金)に、「ウィズコロナにおける横浜の観光MICEプロモーション」をテーマに開催いたします。奮ってご参加ください。

令和3年度 第2回 横浜ビジネスミーティング「ウィズコロナにおける横浜の観光MICEプロモーション」概要
【開催日時】令和3年9月17日(金) 13:30~15:30(予定)
【開催方法】オンライン(zoomによるライブ配信)
※お申し込み後に視聴方法をご案内します。
【主 催 者】公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー(YCVB)
【対 象 者】観光・MICE関連業務従事者(最大100名)
【参 加 費】YCVB特別会員:1,000円/名
YCVB賛助会員:1,500円/名
非会員:2,500円/名
【申込みURL】https://forms.gle/w4TjDtXhruz1x8UH7
※申込み期限:令和3年9月15日(水)15:00
【内容】

  • セッション① SNSの投稿からみる横浜(13:40~14:00)

観光地への来訪者数やその属性といった統計データは、観光地の状況を把握するうえで欠かせません。しかし、「なぜその場所を訪れたのか」「訪れてどう感じたか」といった、観光客の「ホンネ」までは、見えてきません。そこで、注目されているのがソーシャルメディア(SNS)分析です。SNSでは、日々のつぶやきから旅行・おでかけの感想まで、人びとの様々な「声」であふれています。夏休みのおでかけや、スポーツ・イベント会場など、今夏もたくさんの話題があった「横浜の今」を、SNSから覗いていきます。

  • セッション② これからの観光プロモーション(14:00~14:25)

PR歴約20年! 総合PR会社・(株)プラチナム PRディレクター宇塚司氏が解説する「これからの観光プロモーション」をYCVBマーケティング担当者との対談形式でお送りします。
①広報担当がスマホで撮った素材がテレビに?
生活者に直接ニュースを届け、さらにメディアにも活用してもらう方法を解説します。
②「インフルエンサー マーケティング」は観光プロモーションにぴったり。
インフルエンサーのニーズに応える新たなPR手法を成功事例を交えて解説します。
③ 2022年は観光需要回復!?
コロナ以降の集客を見据え、コロナ禍の今やるべき準備を提案します。

  • セッション③ 横浜MICEの動向(14:35~14:55)

昨年から続く新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大。その影響からMICEの開催形態が多様化する中、横浜市内ではどれほどのMICEが実際に開催されているのでしょうか?データを基に分析します。また、実際に2021年4月以降に横浜でMICEを開催した主催者の声から抽出したニーズ等から「横浜でMICEを開催したい!と思ってもらう為には何が必要?」「横浜MICEに興味を持っているのはどんな人?」といった疑問にお答えします。

  • オンライン交流会(15:00~15:30)

第2回目の今回はバーチャル空間「oVice」を使用したオンライン交流会を実施します。
ネットワーキングを行うことが難しい今だからこそ、最新のコミュニケーションツールを使用したオンライン交流会へ是非ご参加ください。
※操作方法や具体的な交流方法についてはお申込み後、改めてご案内いたします。

〔登壇者〕
株式会社プラチナム 第3コンサルティング局 局長 宇塚 司(うづか・つかさ)氏
PR歴は約20年。自治体・官公庁・国内外観光局・音楽・フェス事業・自動車・流通・消費財・金融・医療など幅広いジャンルを担当。課題形成からのプランニングを重要視しており、生活者や時代に合わせ、その時々のクライアントに合わせた最適なコミュニケーションを立案。100社以上のコンサルティングを行ってきた中での対応領域は、企業ブランディング、コーポレートPR、マーケティングPRやファンコミュニティ形成、さらにはアド領域含む統合コミュニケーションなど多岐にわたる。

〔バーチャル空間「oVice」〕
株式会社NIMARU TECHONOLOGY (所在地:東京都港区、代表取締役社⻑ ジョンセーヒョン)が「もっと使いやすいオンラインコミュニティ空間」を目指して公開した、物理的な概念を導入したバーチャルスペースです。まるで現実世界のような感覚でバーチャル空間でのコミュニケーション活動が出来ることが最大の特徴。現実世界とオンラインにおけるコミュニケーション双方の利点を兼ね備えることを実現しています。
詳細は右記URLをご参照ください。:https://ovice.in/ja/

<財団情報>
団体名 :公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー
所在地 :神奈川県横浜市中区山下町2 産業貿易センター 1階
代表  :理事長 布留川 信行
事業内容:「国内外からの来訪者誘客」「MICEの誘致・支援」「観光・MICE都市横浜のマーケティング」「観光案内・来訪者へのおもてなし」の推進
URL :https://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/ycvb/

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら