楽天LIFULL STAYと東京アライブエステート、「Rakuten STAY MOTEL」の販売で業務提携

  • 2018年7月3日

 楽天LIFULL STAYと東京アライブエステートは、「Rakuten STAY MOTEL」の販売で業務提携した。

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 宗克、以下「楽天LIFULL STAY」)と不動産販売および建築事業を手掛ける東京アライブエステート株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大和田 浩、以下「東京アライブエステート」)は本日、楽天LIFULL STAYが提供する民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」のサブブランド「Rakuten STAY MOTEL」に関する業務提携に合意しました。

本提携により、東京アライブエステートは、楽天LIFULL STAYが監修し、株式会社グリフォンが企画およびコンセプトデザインをする「Rakuten STAY MOTEL」の販売代理店として、不動産オーナーへの営業活動を行います。なお、東京アライブエステートは、同ブランド施設の設計および施工も担う予定です。「Rakuten STAY MOTEL」は、郊外の道路に面した敷地を中心に建設される、主にグループや家族での自動車による旅行に適した宿泊施設ブランドとなります。2018年7月1日より、不動産オーナー向けに同施設ブランドへの申込受付を開始する予定です。

「Rakuten STAY MOTEL」は、「ガレージハウス」というコンセプトのもと、様々な用途で利用できるビルトインガレージや施設に隣接する駐車場が組み込まれたデザインが特徴となっています。利用者は、天候や人目を気にせず、自動車の乗り降りや荷物の積み降ろしが可能です。1階のガレージは、自転車やサーフボードなど旅先で楽しむアイテムを置けるスペースや、水洗い場、ラック、テーブルセットなどの設備が充実しているため、様々な用途に使用することができます。2階の客室は、電気式のバーベキューグリルや、テラスに設置された露天風呂などがあり、宿泊客が思い思いに過ごせる空間を演出します。さらに、楽天コミュニケーションズが提供する「あんしんステイIoT」や「スマートロック」を導入予定で、タブレット端末を活用したチェックインや、暗証番号でドアの開閉を行うことができるため、オーナーや旅行者の負担を軽減します。

楽天LIFULL STAYは「Rakuten STAY」において、今回の「Rakuten STAY MOTEL」だけでなく、戸建型宿泊施設やホステル、京町家といった宿泊施設のタイプ別サブブランドを提供しています。利用者の旅行における宿泊施設選びを容易にするため、今後も、様々なサブブランドを展開していきます。

楽天LIFULL STAYと東京アライブエステートは今後も、国内外の旅行客に旅を楽しんでもらえるよう、宿泊・民泊マーケット全体の活性化に貢献してまいります。

■「Rakuten STAY」について

「Rakuten STAY」は、民泊・簡易宿所の運営を希望する法人・個人を含む不動産オーナーに対し、楽天が「Rakuten STAY」ブランドを貸与し、楽天LIFULL STAYが、導入のコンサルティングから施工、清掃などの運用まで、委託会社の協力を得て一括して運用代行を行うサービスです。利用者は「Rakuten STAY」を導入した施設に宿泊すれば、どこでも一貫したコンセプトに基づいた設備、アメニティーグッズの利用や付帯サービスを受けることができるようになります。民泊を利用したことがないお客様も安心して民泊や簡易宿泊所を利用してもらえる環境を整えることで、宿泊・民泊市場全体の拡大を目指しています。

■「Rakuten STAY MOTEL」について

・販売・設計・施工: 東京アライブエステート株式会社
・企画・コンセプトデザイン: 株式会社グリフォン
・ブランディング(ブランド貸与): 楽天株式会社
・運用代行: 楽天LIFULL STAY株式会社
・構造: 木造2階建(※基本構成として、外部の共用通路に面して客室が連続しています)
・階数: 地上2階
・定員: 4名部屋(定員:4名)※ダブルベッド2台
5名部屋(定員:5名)※シングルベッド2台、布団3組

・主な施設・設備詳細:
– ガレージ、または施設内駐車場
– 露天風呂
– シャワールーム
– キッチン
– 冷蔵庫
– 洗濯機
– ダイニングテーブル
– テラス
– バーベキューグリル
– 寝室設備: 4名部屋 –ダブルベッド2台
5名部屋 – シングルベッド2台、布団3組

関連する記事

日本政策金融公庫はこのほど、全国中小企業動向調査の2018年10~12月期分を公表した。小企業の業況判断DIは前期(18年7~9月期)比6.3ポイント増のマイナス19.3…

続きを読む

帝国データバンクはこのほど、「人手不足倒産」の動向調査を行った。昨年1年間(2018年1~12月)の人手不足倒産(従業員の離職や採用難により収益が悪化したことなどを要因と…

続きを読む

昭文社の「MAPPLEアクティビティ」は12日、「dポイント」サービスと提携したと発表した。 株式会社昭文社は、株式会社NTTドコモが提供する「dポイント」サービスと、現…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube