本白根山噴火からひと月強、草津温泉の現状

  • 2018年3月19日

湯畑バルでのふるまいに並ぶ観光客

 3月3日夜、草津温泉(群馬県草津町)の澄み切った夜空に色とりどりの花火が上がった。「冬花火」だ。昨年実施し好評だったことから、今年も30分間でスターマインなど千発の花火が夜空を彩った。

 草津国際スキー場近くのベルツこども園付近で打ち上げられた。この日のスキー場は500円で滑り放題のワンコインナイター。スキーヤーにとっては思いがけないプレゼントに。また、花火は温泉街からも見ることができ、見物する観光客の表情はみな明るかった。3月31日にも予定されている。

 1月23日、草津白根山の本白根山が噴火。一時は宿泊予約のキャンセルが相次いだが、その後は再噴火も起きていない。

 草津温泉旅館協同組合は「新規の予約が入ってきている」と話し、草津温泉観光協会も「特に若い人の姿が目立つ」とホッとした表情だ。週末ともなれば「満館」の看板を出す旅館も少なくない。いつも通りの風景になりつつある。

 温泉街は本白根山の噴火口から5キロ以上離れ、噴火警戒レベルの2キロ圏内からも距離がある。町役場は「温泉街に全く問題はない」と安全をアピールする。

 観光への影響を最小限に抑えようと、町を挙げて風評対策に熱心に取り組んできた。

 「草津温泉 湯LOVE WEEK ENDS」では、(1)「湯畑キャンドル『夢の灯り』」(2)甘酒やこんにゃく味噌おでんなどをふるまう「ふるまいイベント」(3)舞茸ミニ天丼などをふるまう「湯畑バル」(4)ゆけむりJAZZ―などを行う。

 「熱之湯」でのゆけむりJAZZは通常500円だが、3月25日分については人数限定で無料とする。

 温泉街を散策していた男性宿泊客は、「もともと草津温泉のファン。こういう時こそ来ないとね。噴火口からずいぶん離れているし、心配はしていない」と笑顔で話していた。

 観光協会や旅館組合、商工会などで構成する町の誘客対策協議会は近く開く会合で、4月以降のイベントを決める予定だ。


湯畑バルでのふるまいに並ぶ観光客


草津の冬の夜空を彩る冬花火

関連する記事

山口県は、観光プロモーション新キャッチフレーズ「YAMAGUCHI MAGIC!」を発表した。 去る3月11日(月)、山口県への誘客拡大につなげるため、首都圏エリアの旅…

続きを読む

岐阜市は、冊子「ええとこたんと岐阜市2019」を発行した。 岐阜県岐阜市(市長:柴橋正直)は、岐阜市の“ええとこ”(良いとこ)を“たんと”(たくさん)紹介する冊子「ええ…

続きを読む

岩手県は20日、岩手県知事責任編集「コミックいわて∞(エイト)」が発売されたと発表した。 岩手県知事責任編集「コミックいわて」シリーズの第8弾、『コミックいわて∞(エイト…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube