映画「黒部の太陽」、44年ぶりに長野県大町市で上映

  • 2012年6月9日

映画「黒部の太陽」のポスター(提供・石原プロモーション)

映画「黒部の太陽」のポスター(提供・石原プロモーション)

 石原裕次郎や三船俊郎が主演し、黒部ダム建設の苦労を描いた映画「黒部の太陽」が9月から、舞台となった長野県大町市で上映される。これに合わせ、くろよん50周年記念事業実行委員会(会長・牛越徹市長)は、1人でも多くの人に観てもらいたいと、観賞チケットと市エリアの宿泊、黒部ダムの見学をセットにした旅行商品の造成、販売を旅行会社に呼びかけている。

 この映画は1968年公開され、そのスケールの大きさから空前の大ヒットとなった。「映画は大きなスクリーンで観てほしい」という裕次郎さんの希望もあり、ビデオ化されていない。今回、裕次郎さん没後25年、原作者生誕100周年の節目に、この映画(完全版、上映時間3時間15分)が44年の時を経て蘇ることになった。

 同実行委は石原プロモーション、チャンネル銀河などの協力を得て、2013年の「黒部ダム完成50年記念プレキャンペーン」の一環として、市文化会館で上演する。収益の一部は東日本大震災の義援金に充てる。

 上映日は9月11、12、14、16、21、26、27日。チケット代は通常1千円だが、造成にあたっては販売手数料(15%)を実行委が負担する。また、添乗員(1ツアーに1人)のチケット代は無料で、当日専用チケットを渡す。「旅行商品用配券数は1日当たり800席を予定している」と実行委。

 このほか、アルペンルートは2割引き、「黒部の太陽」のポスターやダム建設当時の写真も宣伝素材として提供する。

 条件は市エリアの宿泊(1泊以上)と、ダムの見学(関電トンネルトロリーバス往復、または通り抜け)を組み込むこと。トロリーバス往復利用の団体ツアー(添乗員同行)に限り、ダム特別ガイドを無料で付ける。

 専用申込書に必要事項を記入しファクスで送る。申し込み受付は7月10日。問い合わせは実行委(TEL0261・23・5633、ファクス0261・23・3378)。

映画「黒部の太陽」のポスター(提供・石原プロモーション)
映画「黒部の太陽」のポスター(提供・石原プロモーション)
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram