日本秘湯を守る会、定時社員総会を開催

  • 2022年1月26日

新ロゴ公表

47年続く共生の理念共有

 日本秘湯を守る会(佐藤好億名誉会長、星雅彦会長)は12月15日、第47回定時社員総会を静岡県熱海温泉の大観荘で開いた。コロナ禍の影響で、本格的な総会は2年ぶりで、160人の社員から53人が出席。47年間引き継ぐ共生の理念の共有のほか、22年度事業計画案の発表、21年度の収支予算案の承認、事業報告を行った。

 冒頭、星会長が「1975年に33軒の山の宿が集まり始まった会だが、あと少しで50周年を迎える。近年はコロナ禍で顔を合わせる機会はなかったが、ここで一度ゼロに戻して共生の理念を再確認したい。人手不足、後継者問題など、山の宿の環境は厳しいが、原点に思いをはせながら共に難局を乗り切っていきたい」とあいさつした。

 21年度の事業報告では、スタンプ事業はスタンプ帳を新たに3.5万部作成し、招待宿泊(20年11月1日~21年10月31日)は6496人だったことを報告。コロナ禍の影響で、従来行っていた「冬季~春季キャンペーン」「夏のキャンペーン」は行わなかった。るるぶトラベルとは、昨年度に5年間の連携契約の期限が切れたが、新たに3年契約を締結。21年9月から販売連携を再開した。このほか、秘湯ウェブ、るるぶトラベルポイント、秘湯グッズの販売、スタンプ分担金などの清算業務が行える会計ソフトの開発を行い、21年12月からソフトの稼働をしている。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram