日本旅館協会東北の9月宿泊人員、台風など影響3%減

  • 2018年10月22日

 日本旅館協会東北支部連合会はこのほど、会員旅館を対象とした宿泊実態調査の今年9月の結果をまとめた=表。東北6県の合計では前年同月の実績に対して宿泊人員が3.4%減、売り上げが0.7%減だった。台風に伴う宿泊キャンセルに加え、一部には北海道胆振東部地震も影響したとみられる。

 回答施設数は東北6県に所在する97軒。

 宿泊人員の前年比増減は、青森県が2.7%減、岩手県が5.6%減、秋田県が11.3%減、福島県が6.2%減とマイナスだった。宮城県と山形県はそれぞれ0.3%増とほぼ前年並みだった。

 9月上旬の台風21号と、9月末の台風24号で宿泊キャンセルが発生したほか、北海道胆振東部地震の発生で北海道からの旅行、北海道・東北の周遊旅行に一部で影響が出たとみられる。

 今年1~9月累計の宿泊人員は、東北6県合計で前年同期比1%減となった。県別は青森県が4%増、岩手県が2%増、秋田県が3%増、宮城県が5%減、山形県が6%減、福島県が2%減。

 このうち外国人宿泊人員の今年1~9月累計は、東北6県合計で57%増。青森県が51%増、岩手県が71%増、秋田県が180%増、宮城県が45%増、山形県が8%減、福島県が65%増となった。

関連する記事

北海道フードダイバーシティー協議会が16日、発足した。 2019年1月16日、旭川市内「雪の美術館」にて株式会社VOREAS(所在地:北海道旭川市代表取締役社長池田憲…

続きを読む

栃木県那須塩原市は、アートイベント「アート369フェスティバル」を3月に開催する。 黒磯駅周辺のカフェやショップを会場に、6名のアーティストが作品展示やワークショップを実…

続きを読む

福井県越前町は、越前がにの競り見学や地元でしか味わえないズボガニを味わう「越前がにセリ見学とズボガニ満腹ツアー」を2月23日に催行する。 【催行日】2019年2月23日(…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube