日本コンベンションサービス、「ALL-JAPAN観光立国ファンド」運営会社とのサポート協定を締結

  • 2018年3月11日

 日本コンベンションサービスは、「ALL-JAPAN観光立国ファンド」運営会社とのサポート協定を締結した。

日本コンベンションサービス株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:近浪弘武、
以下JCS)は、日本全国の観光活性化を通じて地域創生を目指す、民間では日本初かつ最大規模の観光立国ファンド「ALL-JAPAN観光立国ファンド投資事業有限責任組合(仮称)」を運営する「地域創生ソリューション株式会社」が2月28日設立するにあたり、同社とサポート協定を締結致しました。

 JCSは、主要国首脳会議(Summit)やアジア太平洋経済協力(APEC)、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)などの国際会議や1万人以上が集まる大型医歯薬学会の運営、前出の会議運営のための通訳・翻訳、人材サービスを主な事業とする50年の歴史を誇る業界のリーディングカンパニーです。さらに2008年には31ヵ国に61オフィスをもつMCIグループ(本社スイス)と合弁会社「MCI—JCS Japan」を設立、グローバル規模でのビジネスも展開しています。また、国際会議場や展示場、カンファレンスホール、図書館などの公共施設運営サービスなど地域社会と一体となって進める事業にも取り組んでいます。

本ファンドではこれらの実績を活かし、以下の分野において投資対象に対するサポートを行います。

【日本コンベンションサービス株式会社 サポート分野】

◆投資対象に対する助言とアドバイス

◆まちづくり・施設管理運営サービス

◆会議・イベント運営のノウハウ

◆通訳翻訳の語学サービス、人材派遣

◆MICE都市研究所によるコンサルティング(調査研究、教育研修、集客・マーケティング)

◆国際ネットワークを活かした誘致コンサルティング  など

※MICE:Meeting、Incentive Travel、Convention、Exhibition/Eventの頭文字をとったビジネスイベントなどの総称です。

関連する記事

違法民泊施設問題で場当たり的な対応を繰り返すエアビーアンドビーは21日、新たなコメント「住宅宿泊事業法施行後1週間を経て 」を発表した。内容は以下の通り。 Airbnb…

続きを読む

帝国データバンクはこのほど、全国企業対象の景気動向調査の5月分を公表した。同月の景気DI(0~100、50が判断の分かれ目)は前月比0.4ポイント減の49.4と、2カ月連…

続きを読む

大手民鉄各社は、人材の相互受入スキーム「民鉄キャリアトレイン」を創立した。 東京急行電鉄(本社:東京都渋谷区)、東武鉄道(本社:東京都墨田区)、京浜急行電鉄(本社:東京…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会