日の丸・JTB・京阪バス、インバウンド客向け周遊型観光バスの新会社設立

  • 2018年7月18日

記者発表会で写真撮影を行う出席した日の丸自動車興業の富田社長(中)とJTBの高橋社長(右)、京阪ホールディングスの加藤好文社長

 日の丸自動車興業(東京都文京区、富田浩安社長)とJTB、京阪バス(京都市、鈴木一也社長)は4日、乗り降り自由な周遊型観光バス「SKY HOP BUS(スカイホップバス)」の企画、営業を担う新会社の設立を発表した。日の丸自動車興業が訪日外国人旅行者を主なターゲットに東京で営んでいるスカイホップバス事業を3社共同で全国展開する。

 新会社「スカイホップバスマーケティングジャパン」(東京都千代田区)は6月14日に設立。3社の出資比率は日の丸自動車興業が56.6%、JTBが33.4%、京阪バスが10.0%。

 日の丸自動車興業は、スカイホップバスを2012年から浅草・スカイツリー、お台場、六本木・お台場の3コースで運行している。バスは2階建てで屋根のないオープンデッキ型で、乗客は太陽、雨風などその時々の天候や匂いを直に感じることができる。日英中韓の4言語に対応し、利用者の9割を訪日外国人が占めている。

 新会社は、新宿、渋谷を含めた新ルートを設定し、音声ガイドを10言語以上に増やす。バスを媒体とした広告・プロモーション事業なども展開する。運行開始は東京が10月、京都では来年4月を予定している。

 記者発表会で日の丸自動車興業の富田社長は「急増しているインバウンドの需要に早急に対応しなければいけない。新会社に対する取り組みに全力投球したい。その中で日本の都市観光の振興に役立てば」と新会社設立の意図を語る。

 JTBの髙橋広行社長は「訪日外国人旅行者の利便性と満足度の向上につなげ、今後の訪日インバウンド推進の大きな原動力にしたい」と話した。


記者発表会で写真撮影を行う出席した日の丸自動車興業の富田社長(中)とJTBの高橋社長(右)、京阪ホールディングスの加藤好文社長

関連する記事

訪日旅行専門の旅行会社TASは19日、京都市上京区の立本寺内に宿坊「立本寺 四神閣」を開業したと発表した。 東南アジアを中心とした訪日旅行(インバウンド)専門の旅行事業を…

続きを読む

物部川DMO協議会は、観光PRパンフレット「とりせつ」を台湾の旅行博などで配布する。 「HASHIWATASHIプロジェクト」事務局(株式会社 NTTアド)は、支援事業…

続きを読む

国際観光日本レストラン協会(安田眞一会長=新宿京懐石柿傳、172会員)は7日、ホテル椿山荘東京(東京都文京区)で創立60周年記念式典と通常総会を開いた。60年間の永年継続…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube