旅行各社が関西をテコ入れ

  • 2009年6月20日

 新型インフルエンザにより利用客が減少している関西地方の宿泊施設への送客を後押ししようと、旅行各社が関西方面商品でさまざまな企画を展開している。館内利用券付きプランの販売やプレゼントキャンペーンの実施で需要を喚起し、関西の観光業界を元気付けたい考えだ。

 日本旅行は16日、1部屋につき1500〜2千円の館内利用券がついた宿泊プランを同社サイトで発売した。関西地方の2府3県(大阪、京都、滋賀、奈良、兵庫)の103施設が参画する。26日からは東京、名古屋、広島、福岡発着のJR付きのセットプランもウェブ限定で販売する。

 館内利用券は、8月末までの宿泊を申し込んだ人に付ける。販売目標は1万人。

 KNTは10日から、抽選で1千人に、たこ焼きの素もしくは神戸の土産菓子として人気の「ゴーフル」を贈るキャンペーンを始めた。

 6月11日〜9月30日に、国内旅行企画商品ブランド「メイト」のユニバーサル・スタジオ・ジャパン入場券付きJRセットプランや関西方面商品を利用した人を対象とした。

 JTBグループでは、5日から「るるぶトラベル」「JTBホームページ」で、宿泊キャンセルとなった部屋を500円相当分のるるぶトラベルポイントを付けて再販売し始めている。またJTB西日本によるプロモーション活動「元気でっせ関西」の一環として7月12日に大阪市長居公園でリレーマラソン大会を企画している。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram