新潟県旅組、にいがた晩ごはんをPR

  • 2019年10月4日

釜で炊いた炊きたての新潟米をアピールする関係者。味は絶品

10月からのDCにらむ

 新潟県旅館ホテル組合は「にいがたお宿の晩ごはん」と銘打って、新潟の食文化を発信する新企画を打ち出しているが、19日、マスコミを集め、東京都内でその内容を披露した。10月1日から始まる「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」でアピールする。

 同組合はこれまで、食のプランとして「にいがた朝ごはん」「地酒の宿」事業を実施してきたが、新たに晩ごはんを加え「にいがたお宿のガストロノミー」として全国に発信していく。

 晩ごはんは、DCのテーマ「日本海美食旅(ガストロノミー)」に合わせ、宿で提供する夕食について、(1)食で地域のストーリーを知る(2)お宿自慢の料理を食す(3)おいしいストーリーを旅する―という三つの楽しみ方を味わってもらう。

 同組合の柳一成副理事長(お宿のガストロノミー委員長)は「新潟の食を通じて地域の物語を楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 試食会では新潟の炊きたての米を中心に、棚田鍋(松之山温泉)やふぐの子の粕漬(佐渡)など17軒の自慢の料理や地酒がふるまわれた。また、JTB、KNT―CTホールディングス、日本旅行など6旅連がDC関連の商品を紹介した。

釜で炊いた炊きたての新潟米をアピールする関係者。味は絶品

 

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram